親友の作り方

一生つきあえる親友の作り方

友達は大切な存在。同時に悩みのタネでもある。

 

あなたには友達がいると思います。

 

友達は大切なもの。

 

でもその一方で、勉強以外で学校生活が「しんどいな」と

 

考えるとしたら、原因は「友達関係」ではないでしょうか。

 

あるいは、中学生は部活動があるので「先輩・後輩関係」で悩む人も多いようです。

 

先輩は年上なので、指示をされたら聞かなければいけません。

 

後輩も素直に言う事を聞いてくれない子もいたり・・・。

 

同級生の友達にしろ「馬が合う人」ばかりではありません。

 

こちらから「おはよう」などと声をかけても答えてくれない子や、

 

団体のスポーツなのに一人で勝手な行動をする子。

 

先生の話を聞かない、先輩に反抗する・・・

 

いろいろな性格の子がいるので、それに合わせようとすると、今度は自分が
シンドイです。

 

メインのスポーツや音楽よりも「人間関係」で疲れたり悩んだりしますよね?

 

「はぁ〜、もうイヤ・・」

 

あなたの気持ちはよくわかります。

 

それに、悩んでいるのはあなただけではないですよ。

 

中学時代は一生の友を作れる時期

 

ではここで、私の友人の話をしますね。

 

私は43歳なので、中学生だったのは30年前・・・ずいぶん昔です。

 

でも、中学生だったときの友達は、今も友達です!

 

今はみんな奥さんがいて、自分の家庭を持っています。

 

たいていは小学生の子供が一人か二人います。

 

で、ほんとに年に数回だけど、会って話します。

 

一緒にご飯食べたり、大人だからお酒も飲んだりね。

 

お互いに今の仕事や家庭のことを話します。

 

ちょうど、あなたが友達と話すように、楽しく笑顔で。

 

いいでしょ?

 

でも、数はそんなにいないですよ。

 

高校のときの友達で、今もコミュニケーションをとっているのが4〜5人。

 

中学と高校で10人ぐらいかな。

 

でも30年だからね。

 

今のあなたの友達の顔を思い浮かべてみて? あなた自身は?

 

30年たったら、どうなっているかな?

 

大人になっても親友でいられるコツは?

 

では、なぜそんなに長く一緒にいられるか、楽しく過ごせるか?

 

その秘密を話しますね。

 

長年続いている友人たちには、共通している点があります。

 

それは「ほめ言葉をよく使う」ということです。

 

ちょっと何かしてあげると

 

「いつもありがとう。」って、さりげなく言うわけです。

 

他にも

 

服のセンスがいいな。  お前は頼りになるよ。  よく知っているね。

 

お前が友達でよかった。  頑張っているね。  おかげで助かったよ。

 

こんな感じの言葉をかけてくれるのです。

 

 

「え〜、そんなの恥ずかしい〜!」

 

あなたはそう思ったかも知れません。

 

でも、立場を逆にして考えてみてください。

 

上の言葉をあなたが言われたら・・・・「超うれし〜!」ですよね?

 

褒(ほ)められてイヤがる人っていないんですよ。

 

大人でも。

 

照れますけどね、イヤな気持ちはしません。

 

それから、感謝の言葉も嬉しいですね。「ありがとう」って嬉しい。

 

言ったほうも、言われたほうも嬉しい。経験あるでしょ?

 

さっそく明日から友達、先輩、後輩にも使ってみてください。

 

きっと今の友達ともっと仲良くなれますよ。

 

褒めるときに言わない方がよい言葉

 

ただし、NG(ノーグッド)の言葉があります。

 

それは、容姿(ようし)についての言葉です。

 

男子だったら、「かっこいい」、女子は「かわいい」。

 

これも言われると嬉しいとは思いますが、逆バージョンを想像してみてください。

 

「かっこいい」「かわいい」の逆の言葉です。

 

ここには書きませんが、言われるとすごく傷つきます。

 

容姿については言わない。

 

このルールだけは守ってくださいね。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

たった一度のテストで240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら

友達と仲良くして親友を作る方法関連ページ

中間テストの点数が悪かった!期末はどう勉強する?
1学期中間テストがいきなり悪かった・・ショックかもしれませんが、期末テストに向けて勉強のやり方など改善をしていきましょう!
やる気を出すには?
勉強のやる気が出ない中学生や保護者の方に、やる気の出し方を紹介します。勉強する気がしない、頑張ろうという気持ちにならないときのアドバイス。
勉強しても点数が取れないときは?
一生懸命に勉強しているのに点数が取れない時は、どうしたらいいのでしょうか?頑張ったけど成績がよくないときのアドバイス。
効率のよい復習法は?
効率の良い勉強、わるい勉強の違いを紹介します。せっかくやっても勉強効果がない、効率が悪い勉強をご紹介します。中学生と親御さんは参考にしてください。
計画の立て方
中学校でテスト勉強の計画を立てますが、なかなか予定通りに進まずにイライラした経験はありませんか?実行できる計画の立て方を紹介します。テスト前の学習予定の参考にしてください。
国語はすべての基本
勉強の基本は国語、学力は国語力と言われますが、本当でしょうか?本当なら、なぜ国語が一番大切と言えるのでしょうか。
睡眠をしっかりとる
成績の良い子は徹夜して勉強していると勘違いしないでください。勉強ができる子は睡眠をしっかりとっています。睡眠を取ると脳がよく働くのはなぜでしょうか。
ながら勉強はダメ
音楽を聴きながら、パソコンやテレビををつけながら・・「ながら勉強」をオススメしません。アイフォンを持っている中学生も増えてきましたが、百害あって一利なし。
なぜ勉強するのか?
中学生のみなさんは、「なぜ勉強するか」考えたことがありますか?高校に行くため?よい会社に就職するため?
テスト1週間前にすべきこと
中学生の中間テスト、期末テストの1週間前は何をすればいいでしょうか。数学、英語、国語、理科、社会の5科目について、テスト前にすべきことを紹介。
ケアレスミスを減らす方法
ケアレスミスはだれにでも起こります。でも、ケアレスミスを減らせればもっと点数が取れて、成績があがります。「次は気をつける」で終らせないための方法。
部活動と勉強の両立方法
部活動が忙しくてなかなか勉強できない・・疲れて寝てしまう・・。そんな中学生は多いと思います。勉強と部活動を両立させるには?
勉強に集中できない、続かない。
勉強しなければと分かっているけど、集中できない。始めたけど続かないと悩んでいる中学生やこどもの集中力の無さをなげく親は多いと思います。
新学年の目標を決めよう!
新学年になった春。中学生は年間目標を決めて勉強に部活動にと頑張ろう。

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ