点数がとれないとき

繰り返しが足りない場合

勉強しているのに点数がとれない1つ目の原因。

 

それは、反復練習がたりない事による習熟不足です。

 

問題集は持っていて、テスト前はやるけれど、

 

一度やっただけで満足してしまいます。

 

 

だれでも、一度問題を解いただけでは頭に入りません。

 

記憶する科目である社会や理科の2分野、漢字などは反復した記憶こそ

 

本番のテストでは点数に結びつきます。

 

 

学校のワークやプリントは3回反復が理想的です。

 

部活動などでどうしても時間が足りない時でも、2回は繰り返しましょう。

苦手から逃げない!がんばろう

原因の2つめは、苦手な個所を避けていること。

 

例えば、問題が10題あって、5題正解したら50点です。

 

では、次のテスト勉強で10題あるうちの何題正解すれば点数が上がるでしょうか?

 

6題以上正解すればいいわけです。

 

 

ところが、少し難しくて分からないことや、

 

めんどうくさいことや苦手な個所を避け、

 

10題のうち5題分しか練習しなかったとしたら?

 

 

50点を60点や70点にしたいなら、

 

必ず50点取ったとき以上の勉強が必要になってきます。

 

 

ですから、今までよりも早めにテスト勉強を始め、

 

分からない部分は早めに友達や先生に質問して解決することが大切です。

 

少し厳しい言い方かもしれませんが、

 

自分の苦手をしっかりと見つめて、もう一人の弱い自分に負けず、

 

苦手科目や苦手分野を克服することが成績向上の第一歩です。

点数は上がらないが実力はついている

原因1、原因2に当てはまらない人もいるかもしれません。

 

繰り返しの勉強をしているし、苦手から逃げているわけでもない・・・。

 

なのに、成績が上がらない・・・。

 

 

実は、勉強にはこういうときもあるのです。

 

とくに中学3年生の実力テストの場合は、

 

毎回のテストのレベルがどんどん上がっていきます。

 

テストの範囲がなく、1年生・2年生、そして習った3年生の範囲からの出題になります。

 

入試が近づくので、応用中心の問題にもなってきます。

 

 

ですから、頑張って勉強していても、同時にテストのレベルが上がっているので、

 

なかなか点数が伸びないのです。

 

 

だからといって、悲観する必要はありません。

 

もし前回よりもクラス平均や学校平均が下がっていたら、

 

点数は上がらなくても偏差値(実力)は上がっていることになります。

 

やり方が悪いと伸びない

原因の3つ目は、勉強法がわるい場合です。

 

勉強法がわるい中学生は、小学生の勉強のやり方を引きずっている場合が多いです。

 

小学校の勉強と、中学の勉強を比較してみます。 

 

  小学校の勉強

  •   一人ひとりの意見を聞きながら進める授業
  •   グループごとにわかれて発表
  •   分からないときは個人的に補習
  •   授業をやってすぐのテスト
  •   問題と解答用紙が一体となった易しいテスト
  •   テストのできなかった問題は再提出
  •   先生が手取り足とり

 

  中学校の勉強

 

  •   先生の黒板授業
  •   発表は激減
  •   個人のフォローは少ない
  •   授業から1カ月から2カ月後のテスト
  •   範囲が広く、問題は多いときで50題のテスト
  •   テストでできていなくてもそのまま
  •   先生は自分の仕事や部活顧問で忙しい

    ※ 一般論です

 

小学校、中学校、高校で求められる学力がそれぞれ違います。

 

小学校と同じ感覚でテスト勉強をしてしまうと、いわゆる「中1ギャップ」におちいります。

 

中学生には中学生の勉強法が必要になってきます。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

たった一度のテストで240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら

勉強しても点数が取れないとき関連ページ

中間テストの点数が悪かった!期末はどう勉強する?
1学期中間テストがいきなり悪かった・・ショックかもしれませんが、期末テストに向けて勉強のやり方など改善をしていきましょう!
やる気を出すには?
勉強のやる気が出ない中学生や保護者の方に、やる気の出し方を紹介します。勉強する気がしない、頑張ろうという気持ちにならないときのアドバイス。
効率のよい復習法は?
効率の良い勉強、わるい勉強の違いを紹介します。せっかくやっても勉強効果がない、効率が悪い勉強をご紹介します。中学生と親御さんは参考にしてください。
計画の立て方
中学校でテスト勉強の計画を立てますが、なかなか予定通りに進まずにイライラした経験はありませんか?実行できる計画の立て方を紹介します。テスト前の学習予定の参考にしてください。
国語はすべての基本
勉強の基本は国語、学力は国語力と言われますが、本当でしょうか?本当なら、なぜ国語が一番大切と言えるのでしょうか。
睡眠をしっかりとる
成績の良い子は徹夜して勉強していると勘違いしないでください。勉強ができる子は睡眠をしっかりとっています。睡眠を取ると脳がよく働くのはなぜでしょうか。
ながら勉強はダメ
音楽を聴きながら、パソコンやテレビををつけながら・・「ながら勉強」をオススメしません。アイフォンを持っている中学生も増えてきましたが、百害あって一利なし。
なぜ勉強するのか?
中学生のみなさんは、「なぜ勉強するか」考えたことがありますか?高校に行くため?よい会社に就職するため?
友達と仲良くして親友を作る方法
学校生活は楽しいこともあれば、辛いこと、苦しいこともあります。とくに友達との人間関係はなかなか難しいですね。もし友達ができなくて悩んでいるなら、参考にしてください。
テスト1週間前にすべきこと
中学生の中間テスト、期末テストの1週間前は何をすればいいでしょうか。数学、英語、国語、理科、社会の5科目について、テスト前にすべきことを紹介。
ケアレスミスを減らす方法
ケアレスミスはだれにでも起こります。でも、ケアレスミスを減らせればもっと点数が取れて、成績があがります。「次は気をつける」で終らせないための方法。
部活動と勉強の両立方法
部活動が忙しくてなかなか勉強できない・・疲れて寝てしまう・・。そんな中学生は多いと思います。勉強と部活動を両立させるには?
勉強に集中できない、続かない。
勉強しなければと分かっているけど、集中できない。始めたけど続かないと悩んでいる中学生やこどもの集中力の無さをなげく親は多いと思います。
新学年の目標を決めよう!
新学年になった春。中学生は年間目標を決めて勉強に部活動にと頑張ろう。

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ