どうしたらやる気が出る?

やる気なし

 

毎日頑張って勉強できればいいですが、
なかなか気持ちが勉強に向かわない時もあります。

 

とくにテレビは一度見てしまうとダラダラと見続けてしまいますよね。

 

最近はテレビだけでなくスマートフォンの誘惑もあります。

 

ユーチューブも一つ見てしまうと、キリがなくなります。

 

このページでは、勉強のやる気が出ない中学生や
子供にやる気を出させたい保護者さまのために、
具体的な方法を書きました。

 

テスト前だけでもいいので、やってみてください。

 

アファメーションをする

 

 

アファメーションという言葉を知っていますか?

 

アファメーションとは、肯定的宣言という意味です。

 

あなたが何かを成し遂げたいときに、
それを自分や周囲に宣言する方法です。

 

  • 新車を買うぞ!
  • ダイエットするぞ!
  • レギュラーになるぞ!

 

このような「目標決意」はやったことがあると思います。

 

でも、目標をだれかに話したり宣言はしないでしょう。

 

アファメーションは自分と周囲に宣言するのが特徴です。

 

勉強の目標も宣言してアファメーションします。

 

アファメーションのやり方

 

紙に書く

 

まず、白い紙を何枚か用意します。

 

そこに自分の名前を書きます。

 

そして「テストで○○点を取る」と大きく書いてください。

 

 

期末テストで合計400点取る!

 

鈴木一郎

 

ことばの書き方にコツがあります。

 

「テストで○○点を取りたい」
「目標○○点を取る」と書くと実現できません。

 

「テストで○○点を取る」と言い切ることばにします。

 

あるいは「400点取りました」と実現したように書きます。

 

宣言を脳に思い込ませる

 

「400点取る!」と書くと、
脳は400点取るように働き始めます。

 

ところが「400取りたい」と書いても、
400点を取りたい状態が続くだけなのです。

 

決して400点は取れないでしょう。

 

テストで400点を取る勉強法

 

自分と周囲に宣言しよう

 

宣言を何枚か紙に書いたら、目に付くところに貼ります。

 

自分の部屋の机の前はもちろん、トイレやリビングなどに貼っていきます。

 

一日に何度も見るようにするのです。

 

貼った紙は家族も見るので、家族も宣言内容を知っています。

 

自分にプレッシャーをかかりますが、それがいいのです。

 

プレッシャーが自分を奮闘させます。

 

アファメーション人に宣言することによってこそ、効果があります。

 

小さなアファメーションから始めよう

 

 

今テストが終わったばかりで、次のテストまで時間があるかもしれません。

 

そんなときは身近で小さな目標を設定しましょう。

 

例えば、英語の単語テストや数学の小テストで
90点以上を取ると宣言します。

 

レベルの高い目標でなくてもかまいませんし、
100点でなくてもかまいません。

 

少し頑張れば達成できそうなことがいいでしょう。

 

小さな目標が達成できたら、自分を褒めましょう。

 

勉強は孤独でしんどいです。

 

自分のことをふるい立たせる努力をしましょう。

 

お父さん・お母さんの役割は?

 

子どもが勉強のやる気を出すのに、
お父さんとお母さんの役割はとても重要です。

 

ちなみに、「目標を達成したら○○を買ってあげる」と、
ご褒美を用意する保護者の方がいますが、おすすめしません。

 

一つクリアすると、次はそれ以上のものを用意しなければならないからです。

 

なぜ、モノでやる気を出させても長く続かないのでしょうか。

 

重複することもありますが、こちらにまとめました。

 

子どもの勉強のやる気の出させ方

 

大人になればモノも嬉しいですが、
子ども時代は心の成長を大切にしてあげたいです。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法