中学英語勉強方法

英語は予習も復習も必要

英語は毎日の積み重ねの科目

 

小学校から「英語必修化」の動きも出ているので、
中学校の英語はますます重要になってきます。

 

まずは学校の授業=教科書の理解が大切です。

 

もちろん、中間テスト、期末テストは教科書からの出題がほとんど。

 

テストでよい点数を取るために、予習をしっかりしましょう。

 

英語のテスト勉強法はこちら

 

予習としては、教科書の新出単語の読みと意味調べ。

 

「教科書ガイド」には、単語の読み方がカタカナで書いてあります。

 

単語の意味(日本語)も確認しておきましょう。

 

1回・2回程度でいいので、本文の音読をしておくとさらによいでしょう。

 

授業で大切なことと復習方法は?

 

中学校の授業は新しい英文法を中心に学びます。

 

ユニットやプログラム毎にある、基本英文です。

 

基本英文は何度も読み書きを練習し、暗記してしまいましょう。

 

基本英文は必ずテストでも出題されるからです。

 

教科書本文の音読練習があると思います。

 

忘れていた単語の読みや意味は教科書に書き込んでおきます。

 

先生が和訳を説明したり、言ってくれると思います。

 

または、和訳が書かれたプリントが配られます。

 

和訳はノートに写したり、教科書に書き込むなどしましょう。

 

 

家に帰ったら復習をしたいところです。

 

なかなか時間が取れないときも、教科書の音読だけは欠かせません。

 

英語が苦手になる第一歩は、英語が読めなくなることだからです。

 

スラスラ読めるだけで「英語がわかる!」と思え、自信が付きます。

 

時間に余裕があれば、基本文をもう一度振り返って完全に暗記しましょう。

 

また、太字の単語や熟語を書いて練習までできればバッチリです。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

たった一度のテストで240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら


成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ