高校受験で失敗。親はどう接すればいいか?

高校入試で落ちればショック

 

小学受験・中学受験を経験していないとすれば、
高校受験がお子さんにとって初めての「関門」になるでしょう。

 

何もわからないところから始まって、受験について知識を持ち、
志望校合格に向けて一生懸命に頑張ってきただろうと思います。

 

しかし、残念ながら不合格。

 

子どもだけでなく、親にとってもショックが大きいと思います。

 

お子さんが落ち込んでいる様子を見て、
保護者もいろいろな感情が湧き出ることでしょう。

 

わが子が挫折してしまったとき、どう接すればよいでしょうか。

 

失敗と言わない

 

お母さんたちの言葉で気になるのは「受験に失敗して・・」という表現です。

 

お子さんの目の前で言ってしまう方もいますが、失敗と言う言葉は避けましょう。

 

「失敗」という言葉は、取り返しのつかないことをした印象を与えるからです。

 

高校受験が終わっても、今後も大学受験、就職試験、昇級試験など
子どもにはこれからもいくつものハードルが待ちうけています。

 

高校入試はその一つでしかなく、大学受験で志望校に合格すればいいわけです。

 

大学がうまくいかなくても、希望の会社に就職して幸せな家庭を築けばOKです。

 

最終的に良い人生になれば、高校受験の失敗は失敗でなくなります。

 

「あのときに落ちたから、そのあとで頑張ることができた」

 

挫折をバネに、より充実した人生を送る人も珍しくありません。

 

こうすればよかったと言わない

 

わが子が不合格になったことにショックを受け、
そのイライラを子どもにぶつけてしまう方もいます。

 

「もっと勉強すればよかったのに!」

 

「やっぱり無理だった。志望校下げればよかったのに!」

 

受験では親も気苦労が絶えなかったことでしょう。

 

だからといって、こどもに向けてストレスを発散するのはよくありません。

 

お子さん自身も、悲しさ、悔しさ、憤りを感じているのです。

 

いろいろな感情を消化しようとしているときに、
さらに落ち込ませるような言葉は避けましょう。

 

時間をおいて、見守る

 

お子さんが志望高校に落ちてしまったら、
親はしばらく静かに見守りましょう。

 

もし、慰めや励ましの言葉をかけてあげるとすれば、

 

お前が頑張ったのは、お父さんもお母さんも知っているよ。

 

高校に落ちても、お前はお父さんとお母さんの大事な存在だ。

 

このように愛情たっぷりにお子さんを包んであげましょう。

 

親に愛されている、身守られているとわかれば、
お子さんはまた勇気を持って新しい生活を始められます。

 

次の受験も精一杯チャレンジする力を得ることができます。