塾で成績があがらない

塾(学習塾)に通っているのに、効果がない時はどうしたらよいでしょうか?

 

しょっちゅう塾を変えて「塾めぐり」をしているご家庭もありますが、

 

それは避けたほうがよいでしょう。

 

 

成績が上がらない原因が本人にある場合と、塾にある場合がありますが、

 

まずは<塾に通って成績が上がる条件>を考えてみましょう。

 

 

私は塾を経営していますので、いろんなお子さんをみてきました。

 

体験期間をもうけているので、期間中にその子の様子をよく見ることができます。

 

指導をする側としても、どんなお子さんなのかを見させてもらうのです。

 

その中でも「この子は成績があがらないな」と分かるお子さんがいます。

 

<成績が上がらないお子さん>

    1. 親の意思で来た子
    2.  

    3. 姿勢がよくない子
    4.  

    5. 宿題をしない子

 

1、「親が行けと言うから来ました」というお子さんは、伸びません。

 

  成績が悪いことを心配する保護者の方の気持ちが十分にわかりますが、
  お子さんが「うん」というまで話をし、本人も納得のうえで行かせましょう。

 

  本人が勉強する意思がない場合は、通っても意味がありません。

 

2、姿勢がわるいお子さんは集中力がありません。

 

  「背筋を伸ばした方がよい」という意味ではありません。
  問題を考えるときに上半身を支えらずに肘をつくお子さんがいます。

 

  肘をついてしまうお子さんは体力がなく、集中力にも欠けます。

 

3、宿題をしない子は伸びません。

 

  これは当たり前ですね。

 

  勉強だけでなく他の習い事やスポーツでも、反復練習が大切です。

塾で成績を上げるには

「勉強がわかるようになってほしい」

 

「テストの点をあげてほしい」

 

「高校に合格してほしい」

 

お子さんの学年や状況によるでしょうが、

 

塾へ通わせる目的は、一言でいえば「成績アップ」だと思います。

 

では、どうすれば成績が上がるかというと、

 

学んだことや習ったことをお子さん自身ができるようになればよいのです。

 

勉強した内容を覚えるなど、その知識をテストでそのまま再現できれば点数が取れます。

 

理屈で考えると、実はすごく単純です。

 

 

それでは、逆に考えてみましょう。

 

塾へ通っているのに成績が上がらないとすれば、

 

学んだことをお子さん自身ができたり、再現することができないからです。

 

つまり、塾へ行って「習いっぱなし」「やりっぱなし」なのです。

 

もし塾や家庭で反復したり、確認したり、自分の手で再現する機会があれば

 

だれでも点数が取れるようになっていきます。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法