費用があまりに安いのは注意

夏休みにどんな塾へ通えばよいのか、アドバイスです。

 

6月下旬から新聞チラシやインターネットで「夏期講習」の広告が出ます。

 

最近は大手塾でも少子化の影響で経営が苦しいのか、生徒減が続いていて

 

チラシの時期がどんどん早まってきています。

 

そして、よほど生徒を確保したいのか「無料」「格安」の文字が躍ります。

 

 

大人の人ならすぐにわかると思いますが、

 

たくさんの講師がいる大手塾を経営していくには、かなりの人件費が必要ですから、

 

たとえ夏期講習が無料であっても、その分をあとで取り返すでしょう。

 

多くの広告をうっているなら、その分も月謝にはねかえると考えるのが自然です。

 

 

無料が悪いとはいいませんが、よく講習の内容を確かめることが大切です。

中学生のよい夏期講習とは

夏期講習に参加するならば、ぜひ学力を上げたいところです。

 

では、塾はどのような場所か、あらためて考えてみます。

 

  1. 「わからない問題をわかるようにする」
  2.  

  3. 「解けなかった問題を解けるようにする」
  4.  

  5. 「苦手な教科を普通か、得意にする」

 

楽しい部分もあるでしょうが、

 

基本的には勉強して成績を上げる場所です。

 

 

では、成績を上げるためには何が必要かというと、

 

自分ができるようになったか確認する手段があることです。

 

授業をやりっぱなしで、あとは生徒まかせ。

 

頑張って!というけど小テストもない。

 

復習してねと言うけど、やったかどうか確認しない。

 

そのような塾は少なくありません。

 

いくら分かりやすい授業でも、実際にテストを受けるのは中学生の生徒なので、

 

生徒自身ができるようにならないと意味がありません。

 

 

小テストや確認テストがあれば、

 

復習したかどうか、学習内容が身についたかどうか分かります。

 

学習内容が身につけば、成績が上がるのは当然です。

 

つまり、成績が上がる塾は、確認テストや小テストをきちんとする塾です。

 

まずは体験学習

夏期講習を受けようとする人は、まず

 

集団授業がいいのか、個別が向いているのか考えましょう。

 

2つか3つの候補があれば、

 

順番に無料体験授業を受けてみましょう。

 

塾なので、分かりやすいのは当たりまえで、

 

もしわかりにくければ問題外です。

 

体験すれば、確認テストがあるかどうかが分かります。

 

 

また、家庭学習の宿題も出るでしょうから、

 

その量の宿題を継続してやれそうか考えましょう。

 

 

騒ぐ子がいたりすると、集中して勉強できません。

 

静かに勉強する環境が整っているかも考えましょう。

 

 

最後に、体験を受けたからといって入塾する必要はありません。

 

「無料で教えてもらったから・・・入らないと・・」などと考える必要もありません。

 

塾選びは大切です。納得いくまで探す方がいいです。