ノートのきれいさにこだわらなくてもよい

ノート

 

一般的に、きれいなノートは良いとされています。

 

たしかに、美しく書かれたノートを見ると
「このノートを書いた子は、成績も良いのだろうな」と想像しますね。

 

しかし、きれいなノートと成績の関連性はそれほどありません。

 

授業ノートがそれほどきれいでなくても、成績の良い子はいます。

 

逆に、美しいノートの持ち主の成績が良いかと言えば、必ずしもそうとは限りません。

 

ノートの美しさと問題が解けるかどうかは、別のことと考えてください。

 

成績の良い子のノートが美しいとすれば、
頭の中が整理されているから美しいノートになるのです。

 

成績を伸ばすためのノートとは?

 

fukushu

 

では、成績を伸ばすためには、どんなノートが必要なのでしょうか?

 

それには「そもそもノートの役割とは?」と考えてみるとよいと思います。

 

学校の授業では先生が板書をします。

 

先生の板書を書き写すのは何のためでしょうか?

 

先生の書いたことを自分で書いて理解して、家で見直して復習するためですね。

 

ノートは人に見せるためのものではなく、自分で見直して要点がわかればよいのです。

 

見た目がわかりやすい必要はありますが、きれいさは求められません。

 

美しさにこだわるあまりに、ノートを書くのに時間をとりすぎないように気をつけましょう。

 

先生の板書をきれいに書こうと思ってずっと下を向いていると、
先生の大事な説明を聞き逃してしまうからです。

 

ノートを書くとき、まとめるときの注意

 

color

 

とくに女の子は、きれいなノートが大好きです。

 

たくさんのペンでカラフルなノートに仕上げる子も多いです。

 

カラーペンがダメということではなく、カラーを使うことが目的にならないようにしましょう。

 

色分けに夢中で学習内容が全然頭に入っていない子もいますので、注意が必要です。

 

一方の男の子では、字が雑な子は今から直していく必要があります。

 

ノートは美しくなくて大丈夫ですが、字が雑で読めないのはNGです。

 

読めない字を書いていると、高校入試では採点してもらえなくなってしまいます。

 

また、算数や数学の計算でも、雑な字はケアレスミスのもとです。

 

自分で書いた0を6と書き写し間違いする子も見受けられます。

 

字が汚い子へのアドバイス

 

汚い

 

字が雑で汚い子へのアドバイスとしては、

 

「丁寧に書く」 「字の大きさを揃えて書く」の2つが大事です。

 

字が汚くなる原因の一つは、はやく書こうとすること。

 

早く書くので「トメ・ハネ・ハライ」がしっかりしていません。

 

また、大きい文字と小さい文字が混じると、字が汚く見えます。

 

字の大きさを揃えるだけで、印象が違ってきます。

 

ご家庭で「丁寧に・字の大きさを揃えて」と声掛けをしてみてください。

 

ノートは勉強内容を学ぶための道具です。

 

頭を整理して学習内容を復習し、記憶するのを助けてくれる道具。

 

練習問題を解くための道具と割り切ってください。

 

ただし、字が汚いときだけは声をかけてあげるようにしてください。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法