漢検の勉強法

漢検の勉強 1 級を決めよう

初めて漢検を受ける人は、一応の目安を覚えておきましょう。

 

<受検級の目安>

 

中1 = 5級    中2 = 4級    中3 = 3級

 

このような基準と考えてください。

 

もしあなたが中学1年生で漢字が苦手なら、6級からスタートでもOKです。

 

1年生は必ず5級と決まっているわけではありません。

 

自信がない人は基準よりも一つ下から始めればよいし、漢字が得意な人は基準よりも一つ上に挑戦してもいいです。

 

決められない場合は、書店に行って問題集を手にとってみましょう。

 

少し中身を見て、「これは難しい!全然わからない・・」と感じたら1つ下。

 

「まあまあわかるな」と感じたら、その級。

 

「これは簡単」なら、一つ上の級の問題集も少し読んでみましょう。

漢検の勉強 2 問題集を選ぶ

受検級が決まったら、問題集を買いましょう。

 

いろいろな種類があって迷うかもしれませんが、

 

「○○問題集」と書かれたオーソドックスなものがいいです。

 

「分野別」は自分の苦手がはっきりしている人向けで、

 

「過去問」は最後の仕上げ用です。

 

小さなハンディタイプもありますが、

 

バスや電車通学の人がすきま時間に見るものですし、

 

やはり漢字は書かないと覚えないので、普通の大きさのものを買いましょう。

 

 

「○○日で合格!」などと書かれた、短期学習のものはオススメしません。

 

もちろん合格することが目標でモチベーションにもなるでしょうが、

 

将来の高校入試や大人になるために必要な勉強でもあるので、

 

安易なものに手を出さない方がよいです。

漢検の勉強 3 勉強計画を立てる

問題集が決まったら、勉強計画を立てましょう。

 

できれば2ヶ月くらい前から勉強を始めたいです。

 

中学生なら定期テストもあるでしょうし、
テスト一週間前はテスト勉強に集中する方がいいです。

 

漢検当日までにテストがある人は、テスト期間を除いて
計画を立てるようにしましょう。

 

 

1、問題集の目次を見て、何単元あるか数えましょう。

 

全部で30ステップとか、25レッスンとか、問題集によって数え方は違いますが、

 

全部でどれだけの学習量があるか見ておきます。

 

2、単元数を勉強できる週の数で割ります。

 

30単元あって、試験まで6週間あれば、30÷6=5です。

 

つまり子の場合は、一週間に5単元勉強すればOKです。

 

3、予備の日をつくっておく。

 

「一週間に○○単元」と計画を立てたら、予備の日を作っておきましょう。

 

例えば、日曜日は計画通りにできなかった分をやる日と決めます。

 

余裕のない計画だと、計画通りできなかったときにストレスになるからです。

問題集のすすめかた

問題集の進め方を紹介します。

 

問題集をやるときは、必ずノートに答えを書きます。

 

問題集を開いて、答えだけをノートに書けばOKです。

 

○付けをして、間違えた問題にチェックを入れておきましょう。

 

ここからがポイントです。

 

次に勉強する時に、まず前回の間違えた問題の復習をします。

 

チェックの入った問題をもう一度やってみるのです。

 

今回正解できたら二重丸にして、また間違えたら大きく×を書いておきましょう。

 

それからあらためて、今回の勉強をするようにしましょう。

 

 

とても大切な部分なので、もう一度繰り返します。

 

間違えた問題をそのままにせず、反復練習をします。

 

反復は、なるべく間隔をあけないでやるのが効果的なので、今回の勉強を始める前にやってしまいます。

 

このように勉強して、問題集を1冊やればかなり合格率は高まるでしょう。

試験直前の勉強

問題集を一通りやったら、過去問をやってみます。

 

3回分ほどやれば十分でしょう。

 

できれば、本番と同じ大きさの解答用紙で、時間をはかってやってみると良いと思います。

 

おそらく本番の試験でも時間は余るので、見直しを2回やって終わりとしましょう。

 

もし余裕があれば、自分の苦手分野を克服しましょう。

 

人によって、四字熟語が苦手、漢字の構成が苦手、へんやつくりが苦手な人もいるでしょう。

 

そんなときは「分野別問題集」を購入して、

 

自分の苦手なところだけを集中してやるのがよいでしょう。

 

英検の勉強法へ

 

 


成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ