語彙力

言葉を知らない・・・・どうすればこどものボキャブラリーが増えるか?

塾の先生をやっていて、とてもやっかいなのが

 

こどもたちの語彙力不足です。

 

国語の問題だけでなく、数学や社会でも「意味がわからない」と言われ

 

「え?」と耳を疑いたくなるようなことがよくあります。

 

知らないのは仕方ないにしても、問題や解答の意味が理解できないので、

 

それ以上の学力向上はなくなり、とてもショックです。

 

生徒たちを指導して実感するのは、

 

生徒の学力(成績)と語彙力は、間違いなく比例するということ。

 

語彙力を増やす方法1

 

語彙力を高める方法はたくさんあります。

 

一つは、こちらの記事の漢字検定です。

 

単漢字だけでなく、二字熟語、四字熟語を学習できることで語彙が圧倒的に増えていきます。

 

もともと漢字は表意文字(意味を表す部分を組み合わせたもの)ですから、

 

つくりを考えながら勉強するのも面白さがあります。

 

 

ほかに、私はマンガも賛成です。

 

いきなり活字ばかりの「読書」では敷居が高いお子さんも、

 

マンガなら手に取りやすいでしょう。

 

マンガは漢字に読み仮名がうってありますし、語彙を増やすには悪くないと思います。

 

語彙を増やす方法2

 

 

 

私のおすすめはこちらです。

 

<語彙力アップ1300> シリーズで4まであります。

 

塾生も毎回始業10分くらいでやっているのですが、

 

1ページ分が少ないので学習しやすいです。

 

大人の方も勉強になると思います。

 

 

 

言葉というのは文章の中で使うので、

 

言葉一つだけを単独で覚えようとするツライし、忘れやすいです。

 

覚えるコツは、使い方を理解するために例文といっしょに覚えることです。

 

その点、この問題集は「言葉の意味を確認」 → 「例文を書いてみる」のステップで、

 

なるほどと理解しながら学べるのでとてもいいです。

 

何より、子供たちが飽きずに取り組めます。

 

 

分からない言葉に出会ったら辞書を引く。

 

これが理想なのですが、言葉の意味を調べるだけなら電子辞書やネットが早いでしょう。

 

また、家族の指導労力を考え、短時間でこどもだけでできるにはこの問題集かと思います。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら

 

語彙力をつける関連ページ

中学生の国語力をアップさせる簡単な方法
国語の成績が悪くて困っていませんか? 国語の語彙力や読解力または作文を書く力をつける、日頃からできるトレーニングがあります。
読解問題の解き方
中学生の国語の読解問題攻略法は?小説や説明文、古文、漢文の違いはありますが、読解のやり方、基本を方法は同じです。
漢字の覚え方
漢字の勉強法を紹介します。漢字を覚える方法がわからずに困っている中学生は参考にしてください。テスト対策から漢字検定まで。
古文の学習法
中学生で古文が苦手な子は多いです。まずは暗唱するほど何度も音読しましょう。音読したら、現代語訳を理解していきます。
漢文学習法
中間期末テストでの漢文は点をかせぐ分野にしたいですね。勉強のコツを紹介します。
国語ができるようになるコツは?

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ