漢文勉強法

漢文の勉強法 1 返り点・音読

 

漢文は古文の勉強と似ています。

 

やり方さえわかれば、それほど難しくはありません。

 

まずは、書き下し文をスラスラ読めるようにしましょう。

 

一つの漢文を5回以上読めば、だれでも上達していきます。

 

最初はつまりながらでもいいです。

 

慣れてくると漢文のリズムを味わうこともできて、おもしろいです。

 

読まない漢字があるので、気をつけましょう。

 

<読まない漢字>
  而 、  於 、  耶 、  哉  など

 

 

それから漢文の文法とも言うべき、返り点を理解しておきましょう。

 

中学生は、「レ点」と「一二点」を理解して使えればOKです。

 

レ点は「下→上」のかえって読みます。

 

  思 A

  我 @

 

@→Aの順で読むので、我→思

 

 

次は「一・二点」です。

 

「二」をとばして、「一」が出てきたら「二」に戻ります。

 

  走 B

  公 @

 

  園 A

 

@→A→B の順で、公園→走 ですね。

 

 

これはすべての言語にいえることですが、読めないと覚えられません。

 

また、音読することによって自分の声を自分の耳で聞くので、黙読よりも音読が効果的です。

 

漢文の勉強法 2 形式・現代語

必ずテストに出るのが漢詩の形式です。

 

一行が五文字なら五言(ごごん)。八文字なら八言

 

全体が四行なら絶句(ぜっく)。八行なら律詩(りっし)。

 

例えば、一行五文字で八行の形式だったら、「五言律詩」です。

 

 

形式がわかったら現代語訳を確認します。

 

漢文独特の言い回しや表現には気をつけましょう。

 

現代語訳がわかれば、ストーリーも理解できるはずです。

 

たいていは故事成語や説話が多いと思います。

 

例えば、こんなトンチがきいた話もあります。

 

 

孔子が弟子を連れて歩いていた。

 

垣根から馬が頭を出している。

 

孔子は「牛だ」と言った。

 

まさか、孔子が牛と馬の区別がつかないわけはない。

 

一番弟子の顔回(がいかん)はヒラメいた。

 

( 「馬」は十二支では「午」と書く。「午」が頭を出したら「牛」だ!)

 

顔回は孔子先生に確認すると、「さすがだ」と褒めてくれた。

 

 

一休さんみたいですね。

 

漢文も慣れれば難しくないので、怖がらずに勉強しよう。

 

説明文や随筆、小説よりも点数は取りやすいと思います。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら

漢文学習法関連ページ

中学生の国語力をアップさせる簡単な方法
国語の成績が悪くて困っていませんか? 国語の語彙力や読解力または作文を書く力をつける、日頃からできるトレーニングがあります。
語彙力をつけるには?
国語の勉強では、語彙力がものをいいます。知っている言葉が多ければ、読解は容易になります。もちろん、今後社会に出ていく上でも大変有利です。
読解問題の解き方
中学生の国語の読解問題攻略法は?小説や説明文、古文、漢文の違いはありますが、読解のやり方、基本を方法は同じです。
漢字の覚え方
漢字の勉強法を紹介します。漢字を覚える方法がわからずに困っている中学生は参考にしてください。テスト対策から漢字検定まで。
古文の学習法
中学生で古文が苦手な子は多いです。まずは暗唱するほど何度も音読しましょう。音読したら、現代語訳を理解していきます。
国語ができるようになるコツは?

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ