古文勉強法

古文の勉強法

中学生の古文の内容は、まだまだ易しいです。

 

教科書に出てくる文章も決まり切っていて、

 

「竹取物語」 「枕草子」 「平家物語」 「おくの細道」

 

「万葉集」 「古今和歌集」 「新古今和歌集」 などです。

 

しかし、何をどう勉強してよいかわからないかもしれません。

 

 

古文が苦手な人は、まずは音読をしっかりしましょう。

 

英語と同じで、内容理解の前にスラスラ読めることが大切です。

 

スラスラ読めると、苦手意識も少しずつ弱まるでしょう。

 

最初はつまりながらでもいいので、特有の言い回しやリズムに慣れていくことが大切です。

 

 

次に、現代語訳を確認しましょう。

 

古文では、言葉の意味が現代語と違う場合があります。

 

例  「おかし」→風情がある、趣がある

 

現代の意味と違う言葉に注意しながら、文章全体の意味を確認していきましょう。

 

 

続いて、一文ごとに<主語 〜は>を確認していきましょう。

 

古文は<主語の省略>がよくあります。

 

省略してある主語を考えながら、読んでいきましょう。

 

わからないときは「現代語訳」を見て、確かめればOKです。

 

中学の古文はスラスラ読めて、だいたいの意味がわかれば、ほとんどの問題は解けます。

古文の勉強法 2

古文では、物語のストーリーや内容がわかりにくいときがあります。

 

そんなときは、「現代語訳」を先に見てしまいましょう。

 

現代語ならばストーリーや内容もすぐに分かると思います。

 

 

内容を把握できたら、古文をもう一度音読してみましょう。

 

最初よりも、内容がかなり理解できると思います。

 

全体の内容がわかったら、一つ一つの言葉の意味を確かめながら、何度も読んでみます。

 

最初にも書きましたが、スラスラになるまで読むと、自然と苦手意識が薄れていきます。

 

「春はあけぼの・・・」「昔、竹取の翁というものありけり・・・」「月日は百代の過客にして・・・」

 

おそらく中学校でいくつか暗唱すると思いますが、暗唱するまでになれば親しみもわいてきますね。

 

何よりスラスラ読めること

読めると苦手意識がうすれる

古文独特の単語に慣れること

現代語と意味が違う単語を覚えよう

主語を考えよう

省略されている場合に注意

あらすじがわからないときは全訳に目を通す

先に現代語をみてストーリーを把握しよう

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら

古文の学習法関連ページ

中学生の国語力をアップさせる簡単な方法
国語の成績が悪くて困っていませんか? 国語の語彙力や読解力または作文を書く力をつける、日頃からできるトレーニングがあります。
語彙力をつけるには?
国語の勉強では、語彙力がものをいいます。知っている言葉が多ければ、読解は容易になります。もちろん、今後社会に出ていく上でも大変有利です。
読解問題の解き方
中学生の国語の読解問題攻略法は?小説や説明文、古文、漢文の違いはありますが、読解のやり方、基本を方法は同じです。
漢字の覚え方
漢字の勉強法を紹介します。漢字を覚える方法がわからずに困っている中学生は参考にしてください。テスト対策から漢字検定まで。
漢文学習法
中間期末テストでの漢文は点をかせぐ分野にしたいですね。勉強のコツを紹介します。
国語ができるようになるコツは?

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ