高校受験模試の受け方

11月、12月は模試を受けて試験に慣れよう!

 

 

10月、11月は来春の入試に向け、模擬試験受験者数が一気に増えます。

 

いろいろな模試があり、どれを受ければよいか迷うかもしれません。

 

また、どのように受ければ効果的か知っておきたいです。

 

注意したい点、アドバイスをお伝えします。

 

1、最大規模の模試を受けましょう。

 

県内で受験人数が最大の模試を選んでください。

 

私の住む田舎でさえ、一回の校外模試で3000名〜4000名の中3生が受験します。

 

3000名以上になると、成績の信憑性が出てくると言われています。

 

逆に言えば、「○○塾模試」のようにブランドがあり聞こえはいい模試も

 

人数が少なければ信頼性はイマイチだと思います。

 

「塾模試」は、塾の生徒集めの手段となっていることも多いです。

 

塾の模試を受けたら、今後の冬期講習のDMなど広告も来ると思ってください。

 

2、あれこれ受けるより一種類を継続

 

いろいろな模試がある場合、
どれも受けておけばよいというものではありません。

 

複数の模試で合格判定が全然違っていたときに、
どれを信じればいいかわからなくなるからです。

 

ある模試の合格判定がAで、別の判定がCだったら、
本人も親も不安になるだけです。

 

ですから、受験者人数が最大のものを継続して受けてください。

 

その方が成績の推移がわかり、判定の一貫性もあります。

 

練習試合を有効に使おう

 

ここからはお子さんに向けたアドバイスですが、
お父さん、お母さんも知っておいてほしいです。

 

1、緊張が練習になる

 

模試を受けるのが初めてなら、必ず緊張することでしょう。

 

いつもの教室は隣に友達が座っているでしょうが、
模試の会場では知らない子ばかりです。

 

試験官もいつもの先生とは違います。

 

ガチガチになってしまう子もいます。

 

でも、その緊張が練習になるのです。

 

部活の練習試合と同じなので、今のうちに緊張して

 

本番ではリラックスできるように経験を積みましょう。

 

練習は本番のつもりで。本番は練習のつもりで。

 

中3のみなさんは、この言葉を覚えておいてください。

 

そして、保護者の方はお子さんが緊張していたら
「緊張も練習よ。大丈夫よ。」と声をかけてあげてください。

 

2、時間配分がとても大切

 

試験は、いつものベストを出し切ることが重要です。

 

今の自分の実力で解けそうにない問題は見切りをつけて

 

解ける問題を確実に正解するのが鉄則。

 

「時間がなくて最後までいけなかった・・・」

 

これは避けたいですね。

 

試験問題は最後にいくほど難しいとは限りませんから。

 

最後の問題まで、自分の実力を出し切る。

 

そのために時計を見ながら解くことが大切です。

 

時計を見ながら、時間配分の感覚を経験してください。

 

会場には座席から見える場所に時計があるとは思いますが、

 

念のため、お父さんやお母さんの腕時計も持つといいでしょう。

 

携帯やスマートフォンを時計代わりに使うのはNGです。

 

時間を気にしながら、実力が出し切れるように頑張ってください。

 

模試の結果が出たあとにやっておきたいことへ

 

 

 

 

高校受験模試の受け方と活用法関連ページ

内申書の受験への影響は?
中学生は内申書が高校受験に響きますから、内申点を上げておきたいですね。内申点とはどのように決まるか、また内申アップをするためには何をすればいいかを紹介します。
模試の成績が悪かったら、志望校を下げるべき?
高校受験の追い込みに入る時期に成績が下がってしまうとがっかりします。親も焦ってしまい、志望校を下げた方がよいのではないかと考えることでしょう。
高校受験模試を受験後の勉強
模試の結果が出たら、合格判定に一喜一憂することでしょう。結果が良くても悪くても勉強は続けていく必要があります。どのような対策をすればいいでしょうか。
夏休み前にすること
受験の年は夏休みからが勝負です。では、夏休み前は何をしておくとよいでしょうか。
中3の夏休みにやっておきたい勉強
高校入試まであと半年。なかなか実感がわかないかもしれませんが、受験勉強をスタートさせたいのが夏休みです。何をすればいいでしょうか?
中3 9月からの勉強法は?
夏休み明けテストが悪かったら、落ち込むかもしれません。しかし、高校受験はあと半年先。まだまだ諦める必要はありません。9月から何をすればいいか?の勉強方法を紹介します。
偏差値とは
模試を受けるときに知っておいたほうがいいのが、偏差値です。なぜ点数だけで判断してはいけないのか、偏差値とは何か、受験生と保護者さんの疑問に答えます。
勉強時間
高校受験用の勉強をするのに、普段からどれくらいの時間を勉強したらよいでしょうか?平日と土日に分けて紹介します。
いつ高校入試の過去問をやる?
11月、12月は高校受験も追い込みに入ります。秋・冬のどのタイミングで高校入試過去問題をやってみればいいでしょうか。
高校入試1ヶ月・2ヶ月前からの勉強は?
本番の高校入試まであと1ヶ月、2ヶ月とせまった1月、2月はどんな勉強をすればよいのでしょうか。
受験前の最後の実力テストで成績が悪かった・・
高校入試の直前の校内実力テスト。あるいは模擬試験で成績が悪かった・・・。親はどうすればいいのか。
高校入試当日の注意点
高校入試当日に実力を出し切るにはどうすればいいのか。試験当日に失敗しないためのアドバイス。
高校入試に合格できる家庭は?
高校受験で合格するご家庭には共通点があります。 中学3年の子どもが勉強に集中できる環境と言ってもいいでしょう。受験生の親はどうすればいいでしょうか?
応用問題が解けない・・どうしたらいい?
高校受験の勉強をしていて、「応用問題の壁」にぶつかる生徒は多いです。どうしたら応用問題ができるようになるでしょうか。

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ