高校受験内申点

内申書を知って高校受験を有利に!

中学生なら内申書という言葉を聞いたことがあると思います。

 

では、内申書(調査書)とはいったいどんなものでしょうか。

 

また、内申点はどのように計算するのでしょうか?

 

高校受験生は必ず知っておきたいですし、

 

中学1年生・2年生も今から内申アップ方法を実践しましょう。

 

1、内申点=ほぼ通知簿の点

 

通知表

 

内申書は中学生活の成績や学校活動をまとめたものです。

 

一般的な通知表の評価は5段階ですから、

 

9教科×5段階×3学年=135点満点の評価となります。

 

ご存知のように、通知簿は以下の学習観点から成り立っています。

 

最近ではテストの点数もこの4つの項目に分けられていますね。

 

 

1、関心・意欲・態度・・授業中の態度、挙手、質問などをできているか。

 

2、知識・理解・・必要な知識を理解し、記憶しているか

 

3、技能・・理解した知識を使いこなせるか

 

4、思考・判断・表現・・知識で考えたり、表現する応用力

 

 

これらの4観点で通知表の1〜5の評価が付きます。

 

ここに英検漢検・部活動の県体出場などの評価が加わります。

 

英検や漢検の資格は3級以上が対象となります。

 

生徒会活動やボランティアなど校外活動もプラス要素です。

 

2、内申書は受験する高校へ

 

面接試験

 

内申書は将来受験する高校に提出されます。

 

高校受験は主に筆記試験ですが、

 

当日の筆記試験だけでなく、内申書も加味されます。

 

生徒を迎える高校が受験生の中学3年間の様子も知り、

 

本番だけでなく日頃の学習態度も確認したいのは当然です。

 

当日の筆記が思わしくなくても、

 

内申が良ければ逆転合格できる場合もあります。

 

推薦はほぼ内申書で合否が決まる

 

筆記試験のない推薦試験では、内申点で合否が決まります。

 

例えば、合格ライン=内申80点以上の生徒というように、

 

受験高校によって推薦の合格基準があります。

 

さらに、面接によって入学意欲を確認します。

 

3、内申重視度は地域によって差異があります。

 

高等学校

 

ただし、高校受験で内申点をどれだけ評価するかは

 

各都道府県の教育委員会が決めています。

 

私立高校は一つひとつが独自の評価です。

 

3年間の成績を均等に見る都道府県もあれば、

 

3年生の成績だけを内申とする都道府県もあります。

 

3年生の実力テストの点数を高く評価する私立高校もあります。

 

お住いの地域の評価方法を知っておいてください。

 

進学担当の先生や塾の先生に聞くとよいでしょう。

 

4、内申アップのために今からできることは?

 

内申アップ

 

高校の合否は当日の筆記試験結果+内申書で決まります。

 

ですから、中間テスト・期末テストで良い結果を出して、

 

まずは通知表の評価を伸ばすようにがんばってください。

 

それから、英検・漢検・数検の3級以上合格をしておきたいです。

 

試験は年に3回もあります。

 

3つのうちで1つでもゲットできれがOKです。

 

偏差値62以上の上位高校を目指すなら、準2級を目標に。

 

人前に出るのがイヤでなければ、生徒会もいいでしょう。

 

スポーツを頑張っている人は県大会出場を目指して!

 

< 高校受験合格勉強法 >

 

合格

 

  • 受験勉強のやり方がわかります。
  •  

  • 計画の立て方がわかります。
  •  

  • おススメ問題集がわかります。
  •  

  • やる気の出し方がわかります。
  •  

  • 面接・作文の練習法もわかります。

 

  無料で読めるサンプルもあります。

 

高校受験勉強

 

内申書(調査書)は高校受験に影響ある?関連ページ

やる気の出し方・モチベーションの維持
高校受験の勉強では、気持ちを高めてやる気を出したり、モチベーションを保つ方法を紹介します。
模試の成績が悪かったら、志望校を下げるべき?
高校受験の追い込みに入る時期に成績が下がってしまうとがっかりします。親も焦ってしまい、志望校を下げた方がよいのではないかと考えることでしょう。
高校受験模試の受け方と活用法
11月、12月には高校受験の模擬試験を受けたいです。高校入試本番に向けて練習として、模試は大事です。どのように模試を受ければよいでしょうか?受け方のコツを紹介します。
高校受験模試を受験後の勉強
模試の結果が出たら、合格判定に一喜一憂することでしょう。結果が良くても悪くても勉強は続けていく必要があります。どのような対策をすればいいでしょうか。
夏休み前にすること
受験の年は夏休みからが勝負です。では、夏休み前は何をしておくとよいでしょうか。
中3の夏休みにやっておきたい勉強
高校入試まであと半年。なかなか実感がわかないかもしれませんが、受験勉強をスタートさせたいのが夏休みです。何をすればいいでしょうか?
中3 9月からの勉強法は?
夏休み明けテストが悪かったら、落ち込むかもしれません。しかし、高校受験はあと半年先。まだまだ諦める必要はありません。9月から何をすればいいか?の勉強方法を紹介します。
偏差値とは
模試を受けるときに知っておいたほうがいいのが、偏差値です。なぜ点数だけで判断してはいけないのか、偏差値とは何か、受験生と保護者さんの疑問に答えます。
勉強時間
高校受験用の勉強をするのに、普段からどれくらいの時間を勉強したらよいでしょうか?平日と土日に分けて紹介します。
いつ高校入試の過去問をやる?
11月、12月は高校受験も追い込みに入ります。秋・冬のどのタイミングで高校入試過去問題をやってみればいいでしょうか。
高校入試1ヶ月・2ヶ月前からの勉強は?
本番の高校入試まであと1ヶ月、2ヶ月とせまった1月、2月はどんな勉強をすればよいのでしょうか。
受験前の最後の実力テストで成績が悪かった・・
高校入試の直前の校内実力テスト。あるいは模擬試験で成績が悪かった・・・。親はどうすればいいのか。
高校入試当日の注意点
高校入試当日に実力を出し切るにはどうすればいいのか。試験当日に失敗しないためのアドバイス。
高校入試に合格できる家庭は?
高校受験で合格するご家庭には共通点があります。 中学3年の子どもが勉強に集中できる環境と言ってもいいでしょう。受験生の親はどうすればいいでしょうか?
応用問題が解けない・・どうしたらいい?
高校受験の勉強をしていて、「応用問題の壁」にぶつかる生徒は多いです。どうしたら応用問題ができるようになるでしょうか。

成績が悪い理由 成績を上げるには 成績が上がる勉強法 高校受験勉強法 サイトマップ