中学2年生 春休み

基礎基本をしっかり復習

春から中学2年になるお子さんむけの内容です。

 

数学は比例・反比例などグラフのあたりから急に難しくなります。

 

図形が苦手なお子さんは12月以降が大変だったことでしょう。

 

理科は植物は易しかったものの、光や音・圧力など物理分野
苦労したお子さんも多いと思います。

 

社会の地理はよかったけど、歴史が苦手だというお子さんもいるでしょう。

 

英語も単語量がどんどん増え、復習をきちんとしないと
どんどん忘れていき、苦労をしだすのが1年生の終わりの時期です。

 

では、2週間ほどある春休みに何をしておけばよいでしょうか。

 

苦手な部分を克服しておきたいですが、それよりも全体の復習をおすすめします。

 

教科書と宿題を組み合わせる

教科書のまとめ問題で復習する

 

2週間で1年間のまとめをやるので、
あまり欲張って「計画倒れ」や「消化不良」にならないようにしたいです。

 

学校から春休みの宿題も出ると思いますから、
慌てて書店で問題集を買い求める必要はありません。

 

例えば数学であれば、教科書の「基本の問題」や「章の問題」
一通り復習するとよいでしょう。

 

英語は基本文と太字の単語の読み書き、熟語の読み書きは必修です。

 

理科・社会は学校のワークのまとめ問題を復習しておくとよいです。

 

部活動が忙しくて、春休みの宿題だけで精一杯のお子さんもいるでしょう。

 

学校の宿題を活用する

 

おそらく「スプリング〜」「春の〜」というタイトルの薄いワークを学校からもらってくると思います。

 

薄いので頼りない感じもしますが、そこをカバーするためにも

 

間違えた問題だけ、もう一度やって提出するようにしましょう。

 

一回やって丸つけをしてただ提出してしまっては何も身につきません。

 

春休みワーク用のノートを用意して、間違えた問題は
問題をノートの写してから自分の力で解いていきます。

 

自力で解ければ、力が付いた証拠です。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法

 

 

page top