テストの成績が悪い理由とは?

  • 中学生になったら難しくてついていけない・・
  • 学年があがって、成績が悪くなってきた・・
  • 2学期あたりからズルズル下がっている・・
  • 塾に行っているのに成績が上がらない・・
  • 頑張っているけど、成果が出ない・・

 

悩む親

 

成績が悪くて悩んでいるご家庭はとても多いです。

 

テストの成績が悪い原因はおもに5つあります。

 

お子さんに当てはまることがないかチェックをしてみてください。

 

原因1: 繰り返しの練習が足りない

 

中間・期末のテスト前は、テスト範囲表が出ると思います。

 

教科書○○ページ〜○○ページまで。

 

該当のワークブック○○ページ〜○○ページまで。

 

これらのテスト範囲を1回だけやって、
テスト勉強をした!と満足していませんか?

 

 

1回目は「できた・できない」の区別をしただけなので、
1回で満足するとテストでも同じミスをしてしまいます。

 

成績が良くない子は、反復練習が足りません。

 

1回でやめないで、2回、3回と反復してこそ実力がつきます。

 

原因2: 問題集ばかりたくさんある

 

多い問題集

 

成績があまりよくない子に限って、問題集をたくさん持っています。

 

「旺文社」「学研」などの書店に売っているもの。

 

「進研ゼミ」「ポピー」など月1回届く通信教材。

 

テストの点数が悪い子どもの様子を見たお父さんやお母さんが、
将来が心配になって書店で買ってきたのでしょう。

 

しかし、問題集が多すぎると逆効果です。

 

なぜなら、どれもこれも中途半端で終わるからです。

 

問題集が自分のレベルに合っていない。

 

また、問題集や参考書が子どもの学力レベルにあっていないと、
せっかく頑張っても効果が出てきません。

 

どうせ努力をするなら、成果が出るものを選びたいです。

 

問題集選びで注意点など

 

原因3: わからないことを放置している

 

わからないことをそのままにしてしまうと、
授業が進むにしたがってわからないことが増えていきます。

 

とくに英語と数学は積み重ねの科目です。

 

基本から積む

 

中1の学習内容を理解して、はじめて中2の内容がわかります。

 

中1から土台をしっかりと組み上げ、ブロックを積んでいってください。

 

わからないことがあれば、わかるところまで戻るのが基本です。

 

もし、わからないことがたくさんあるのに質問できていないなら、
仲の良い友達に聞くのが気軽でよいでしょう。

 

原因4: やる気がない

 

やる気ない

 

  • 目標を決めていない・・
  • 行きたい高校がない・・
  • 競争心・向上心が見られない・・
  • 勉強には無気力・・

 

勉強や成績は思っている以上に、気持ちの問題が大きいです。

 

ですので、気持ちを前向きにもっていくことはとても重要です。

 

しかし一方で、なかなか変わらないのが人の心です。

 

子どもにやる気を出させるにはどうしたらいいでしょうか?

 

具体策は次のページです。

 

原因5: 勉強のやり方がわかっていない。

 

how to

 

中学生の成績が良くない理由で一番多いのが「やり方が間違っている」ことです。

 

私は中学生の進学塾で指導をしているのですが、
成績がわるくて塾に入っていくる子の多くが、勉強のやり方を知りません。

 

あるいは、ただ教科書のまとめをしているとか、
覚えたい単語や漢字をノートに書きなぐっているとか、
効率が悪くて成果の出ないことばかりしています。

 

努力していることは立派なのですが、
点数の取れない独自の方法でやってしまっています。

 

正しい勉強方法を知れば伸びるのに、
本当にもったいないですね。

 

その方法を知れば、どんなお子さんでも
次のテストに向けて今すぐ準備ができます。

 

次のページ: テストで成績が上がる勉強方法は?

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

 

成績が上がる勉強法

 

無料サンプルへ