理科記述

記述問題とは?

理科のテストで、5年ほど前から「記述問題」が多く出題されるようになりました。

 

最近では中学1年生の中間テスト、期末テストから出題されていますね。

 

公立高校では40%〜50%が文章記述という県もあります。

 

単なる暗記ではなく、「表現させる入試」に変わってきているのです。

 

さて、「記述問題」は、一問一答問題と区別して対策する必要があります。

 

(一問一答の例)

 

問) 傍線部の動物の種類を何と言いますか?     

 

答) ハチュウ類

 

(記述式の例)

 

問) ハチュウ類の体温と卵の特徴を説明しなさい。      

 

答) 体温は一定で、卵はかたい殻がある。

 

記述式とは、今までのように問題と単純な答えではなく、

 

自分の言葉で理科用語を説明したり、理由を書く問題のことです。

 

テストで出たことがありますよね?

用語集を効果的に使おう

記述対策を始めると、どれだけやってもキリがありません。

 

しかし、できるだけの対策はしておきましょう。

 

 

まずは、学校のワークやプリントに出てくる記述問題を覚えます。

 

学校のワークやプリントを一通りやれば、よく出る問題は押さえることができます。

 

よく出る問題の例としては、

 

 

問) 水素を水上置換で集める理由は?

 

答) 水素は水にとけにくいから

 

 

このような定番問題は押さえられるでしょう。

 

もし答えが長くて意味が分からない時は、先生に質問するなどしましょう。

 

内容が分からない文を覚えるのは苦痛です。

 

次に、できれば「逆一問一答」をやってみましょう。

 

「問題 → 答え」の逆で、

 

答えの理科用語を自分で説明してみます。

 

問)深成岩とは?     

 

答) マグマが地下深くでゆっくり冷えて固まったもの

 

教科書の太い字で書いてある用語を、自分なりに説明してみます。

 

 

最後に、書店に「記述問題集」があれば購入するのもいいでしょう。

 

記述式の問題は高校入試にも出題されますし、

 

その割合はどんどん増えています。

 

偏差値が高い高校や上位進学校を目指すならば、

 

記述式をしっかりマスターしておく必要があります。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

たった一度のテストで240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら

記述問題の学習法関連ページ

理科は何からする?
理科のコツは?
中学生で理科を苦手としているお子さんが増えています。学習内容が多くなり計算が難しくなったこと、記述問題の割合が増えたことが原因です。
理科の暗記法
中学生の理科の暗記のコツを紹介します。理科の公式、計算、思考、記述の前に、暗記すべき問題で点数を取りましょう。

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ