中学生テーマ作文の書き方

作文の書き方1

 

作文はどのように書けばよいか、そのコツを説明します。

 

原稿用紙にいきなり作文を書きださないでくださいね。

 

まず、作文全体のおおまかな構成を考えます。

 

構成を考えるときは、タイムマシーンに乗りましょう。

 

タイムマシーン?????

 

タイムマシーンは過去と現在と未来に行けますよね?

 

作文も、過去→現在→未来の順で書けばよいのです。

 

高校入試の作文のテーマは、それほど難解ではありません。

 

代表的なものは次のようなものです。

 

作文の主なテーマ

  • 将来の夢
  • 環境問題に関すること
  • 私の大切なもの
  • 好きな科目
  • 外国人との交流
  • 文化の違い
  • ボランティア

 

これらについて、過去・現在・未来の時間別に

 

自分の体験や見聞を書いていけばカンタンです。

作文の書き方 2

作文は最初におおまかな構成を考えます。

 

すぐに原稿用紙に書くと、途中で原稿用紙がたくさん余ったり、

 

用紙が足りなくなったりするかもしれないからです。

 

また、構成を考えることによって、途中で「次は何を書こうか・・・」と考える時間が短縮され、

 

結局は無駄なく時間が使えるからです。

 

(例:ボランティア)

 

ボランティアというテーマだからといって、

 

何か大きなことを書く必要があるわけではありません。

 

ボランティアの語源は=「みずから進んで」ですから、

 

友達や身近な人にした小さな親切を作文してもいいのです。

 

 

(作文の例)

 

過去 東北の震災をテレビで見たが、何もできなかった。
           ↓
現在 現地には行けなかったが、学校で募金をした。お礼の手紙をもらった。
           ↓
未来 小さな行いでも人を幸せにすると知った。この経験を将来の仕事に活かしたい。

 

 

過去→現在→未来のストーリーで書くと、読み手も読みやすい作文になります。

 

おおまかな構成ができたら、原稿用紙に書いてみます。

 

過去現在未来の3つですから、書きながら残りの字数を考えて内容を調整していきましょう。

 

書きあがったら、必ず先生や保護者の方に添削してもらいましょう。

 

人に読んでもらうことによって、自分では気がつかない誤字脱字や

 

文章のおかしなところ、意味が通じにくい部分を指摘してもらえるからです。

 

読書感想文の書き方へ

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

たった一度のテストで240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら

 

 

中学生テーマ作文の書き方関連ページ

中学生読書感想文の書き方
中学で読書感想文を書く機会は少なくなりました。夏休みの宿題として出ても、課題図書でなく自由に本を選んでよい場合もあります。読書感想文を簡単に書くコツを紹介します。

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ