数学ノート

ノートの書き方は?

数学はノートの使い方がとても大切です。

 

ノートを開いたら、左側だけ使うようにします。

 

左側は学校の授業で先生が板書したことや、教科書や問題集の問題を解いていきます。

 

大切な点ですが、問題を解くときは途中の式を必ず書いてください!

 

途中の式を書くことで理解が深まり、解き方のパターンも見えてきますよ。

 

 

では、右側は何をするのかというと、

 

教科書の「問」や問題集で間違った問題をやり直すのに使います。

 

この「やり直し」が最も大切で、これさえやれば成績は上がります。

 

ただ答えを写してもやり直したことにならないので、

 

右側は必ず解答やヒントを見ない状態で解き直してください。

 

問題集をやるときもこれと同じで、間違えた問題をノートに写し、

 

自分の手で解きなおしてみることが大切です。

 

左ページで間違えた問題は、右ページで解きなおしてみましょう。

 

ノートの右側は自分で解き直した問題ばかりになります。

 

こうすることで、テスト前は、自分の間違えやすい問題がひと目でわかります。

 

間違えなおしノートを作ったら・・

 

さて、問題の解き直しにはコツがあります。

 

その解き直したものに、自分で解説を入れてみましょう。

 

解説というと難しく聞こえるかもしれませんが、ほんの一言でも大丈夫です。

 

例えば、

 

「分母をはらってはいけない!」

 

「錯角を利用すると簡単!」などと、

 

解き方のポイントを書きこんでいくのです。

 

まんがの吹き出しのように書くといいでしょう。

 

そうすると、「自分のクセ」や「苦手な部分」がすぐに分かり、

 

テスト前の復習勉強もはかどります。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

たった一度のテストで240点→407点

 

マニュアル

 

勉強のやり方がわかって成績が上がる勉強マニュアル

 

勉強マニュアル<無料サンプル>はこちら

間違え直しノートを作ろう

数学ノートの書き方関連ページ

関数の学習法
中学生の関数は、比例反比例、一次関数、二次関数があります。関数を得意にするには、どのようなことに気をつけながら勉強したらいいでしょうか。
図形問題の学習法
中学生の図形は、1年生の平面、空間図形、2年生の三角形、四角形、合同証明、相似などがあります。どのように勉強すればいいでしょうか。図形のコツをお伝えします。
証明問題の解き方
三角形の合同証明、平行四辺形が苦手な中学生が多いので、コツを紹介します。
数学の問題の解き方のコツ

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ