中学生のテストで今すぐ成績を上げるには?

勉強は基本的にしんどい努力が必要です。

 

面倒なことをしなければならない・・・

 

遊ぶのを我慢しなければならない・・・

 

計算や暗記で頭が疲れてしまう・・・

 

そんな気持ちになったとき、どんな中学生でも

 

「今すぐ成績を上げられる方法があったらな・・」と考えることでしょう。

 

残念ながら、何の努力もなしに点数を取ることは不可能です。

 

※ もし、そんな宣伝をしている教材があるとすれば、ウソか詐欺です。

 

しかし、なるべく効率よく計算や解き方の技術を身につけて、

 

なるべく短期間で覚えたり暗記することは可能です。

 

今すぐ成績が上がる方法はあります。

 

では、どんな勉強をすればかんたんに成績があがるのでしょうか?

 

驚くほど成績があがった実例があるので、紹介します。

 

その中1の子は1学期で早くも数学と英語の両方でつまずき、

 

塾の夏休みの講習に参加しました。

 

聞くと、公文や学研も含め塾に通ったことはありません。

 

小学校と同じように勉強していたのですが、中学校のペースに付いていけず、

 

1学期期末テストで成績がすごく下がってしまったのです。

 

いわゆる「中1ギャップ」というやつです。

 

いざ講習がスタートをすると、その子は時間前に来て自習をしています。

 

何やら問題集を持ってきて、一生懸命に解いています。

 

私は「やっぱり・・」と感じました。

 

他の生徒がまだ教室に来ていないので、2人で話しました。

 

何を聞かれるのかとビクビクしています。

 

「お母さん、勉強しろって言う?」

 

「言う。」

 

「この問題集はどうしたの?」

 

「お母さんがやれって・・。」

 

「お母さんがいつも教えてくれるの?」

 

「うん。早くやれって言う。」

 

問題集は数学で、答えが書きなぐってありました。

 

あれこれすると、かえって混乱してしまう

 

どうやら勉強面に関して、お母さんがつきっきりで
あれもこれも世話を焼いているようです。

 

この問題集の何をしなさい、次はこれしなさいと指示しています。

 

実は、これが勉強をややこしくして、成績が下がる原因の一つです。

 

成績が上がらないのは学校のワークでは足りないからと考え、

 

問題集や通信教材を買い与えて、させてみる。

 

それでダメなら、勉強を習ったほうがいい

 

塾に通わせたり、家庭教師をつけて教えてもらう。

 

実は、本当にやるべきことはまったく逆です。

 

私は、講習中は買ったきた問題集はお休みして、
塾で渡す問題集だけに集中するように話しました。

 

夏期講習後、その子は数学を受講することになりました。

 

また、英語の問題集はそのまま持ち帰って自宅学習に使うことになりました。

 

つまり、英語は自学の勉強のみとなったわけです。

 

シンプルに集中して実行すればいい

 

そして10月、2学期中間テストの結果が返ってきました。

 

数学84点、英語93点・・・!!

 

英語は何を勉強したの?とたずねると

 

ひたすら塾でもらったワークを繰り返しました」との返事。

 

学校のワークを早めに終わらせて
塾で渡したワークを何度も何度もやったそうです。

 

自分のやってきたことに確信が持て、自信もついたのでしょう。

 

本当に嬉しそうな笑顔でした。

 

お母さんも口出しを我慢して、本人が愚直に努力をしたのです。

 

手を広げず、一つの問題集を繰り返して解く

 

成績を上がるコツは、たった一つの原則を守ることです。

 

与えられたものを繰り返し、完璧を目指す。

たったこれだけのことです。

 

あれこれ悩んだり、ああでもない、こうでもないと試すよりも、

 

学校で与えられたものや塾の教材をひたすら繰り返すのです。

 

もちろん、解答解説を読んでもわからないところは

 

友達に聞いたり、先生に質問することが必要です。

 

そうやって、一つの教材を徹底してやってみてください。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法