国語は大切

漢字がとても大切

「5科目の基本は国語」とよく言われますが、その通りです。

 

このとき、国語=日本語(とくに漢字)と考えるとわかりやすいと思います。

 

 

例えば、中学生の理科や社会の教科書を開いてみると、
漢字の熟語がとても多いことに気がつくと思います。

 

もし、これらの熟語が読めなかったり、意味が分からなかったら・・・教科書内容の理解はどうなるでしょうか。

 

また、お子さんのテストが返ってきたら、理科や社会のテストを見てください。

 

問題もそうですが、とくに解答(模範解答)を見てください。

 

ほとんど全て漢字だということが分かると思います。

 

小学生と違い、中学では漢字の用語は漢字で書かないと
減点または×となります。(入試では、ほとんどの高校がひらがな解答を×とします)

 

その意味で、5科目の基礎は国語といえます。

 

国語が学力の土台であることは、もう一つ理由があります。

 

漢字以外でも、中学生は語彙力が求められます。

 

語彙力とは、言葉の意味を知っていて使える力と考えてください。

 

 

語彙力をつけるには?

 

 

中学生の勉強内容では、言葉の意味を知らないと教科書の内容がわからないほか、
先生の説明もわからないでしょう。

 

さらにテストの問題の意味がわからないということが起きます。

 

問題の意味がわからないと、問題の解きようがありませんし、教える側も教えようがありません。

 

 

問題の意味がつかめずに問題が解けないことは、数学でよく起きます。

 

中学1年の方程式文章問題でつまづく子が多いのは、
言葉の意味がわからないことが原因の一つです。

 

 

英語も、学年が進むと同じような事が起きます。

 

一つひとつの単語の意味はわかっても、単語の連続である英文の意味がわからなくなります。

 

また、英文を訳したまではよくても、訳した日本語の文章の意味がわからないお子さんもいます。

 

一つひとつの文はなんとなく理解できても、まとまった文章になると、全体の流れや話の内容がわからない場合もあります。

 

数学にしろ英語にしろ、基礎の国語力=語彙力が大切です。

 

それでは、こどもの語彙を増やすにはどうしたらいいでしょうか。

 

語彙を増やす方法は3つあります。

 

1つは、家族の会話です。

 

小学生のうちからでも、大人側は「こども言葉」を使わないで、
自分の持っている言葉でどんどん話すとよいでしょう。

 

 

2つ目は、読書です。

 

知らない言葉を知る機会です。

 

小説は感情をともなって読むことが多いでしょうから、
印象に残りやすく、言葉の使い方も身に付く可能性もあります。

 

漢字の読み方だけを考えるのであれば、マンガも悪くありません。

 

読書を全然しないお子さんは、マンガから活字に触れるのもいいでしょう。

 

マンガから自然に本に移行する子供も少なくありません。

 

 

最後は、漢字検定をおすすめします。

 

漢検の勉強法はこちら

 

私は中学生対象の塾を経営していますが、

 

学力の低い中学生の生徒は、100%漢字に弱いといえます。

 

小学生の漢字を平気で間違えたり、ひらがなオンパレードだったりします。

 

漢字の読み書きができないので、他の科目の文章の意味をつかむだけで苦労します。

 

逆に、小学生の頃から漢字力を鍛えてあれば、

 

驚くほど基礎学力がつき、他の科目にも好影響が出ます。

 

いろいろな事柄に対する吸収力が高まっていく様子が手に取るようにわかります。

 

今まで苦手だった国語の読み取り問題ができるようになったり、
社会の人物や出来事を覚えるのが好きになったりします。

 

すべての科目に影響があるのが国語、漢字、語彙です。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法

 

page top