テスト返却

 

勉強を頑張ったのに、思ったように点数が取れないと落ち込みますね。

 

ここでは4つの原因を紹介しますので、
当てはまるものがあれば点数を上げるヒントにしてください。

 

きっと解決しますから、大丈夫です。

 

 

平均点といっしょに下がっただけ

 

下がる

 

今回のテストは、何というテストですか?

 

2学期期末テスト?復習テスト?

 

もし期末テストや実力テストなら、
平均点もすごく下がっている可能性が高いです。

 

次の2つのテストの成績を比べてみてください。

 

中間テスト 数学70点 学年平均60点
期末テスト 数学60点 学年平均50点

 

点数が下がったのですが、平均も同じだけ下がっています。

 

つまり、2つのテストの成績は同じなのです。

 

実は、勉強にはこういうときがよくあります。

 

とくに期末テストや実力テストの場合は、
テストのレベルが上がります。

 

3年生の実力テストは範囲がなくなり、
1年生・2年生、そして3年生の範囲からの出題になります。

 

入試が近づくので、応用中心の問題にもなってきます。

 

テストのレベルが上がっているので、
頑張ってもなかなか点数が伸びなくなります。

 

だからといって、悲観する必要はありません。

 

点数が下がっても学校平均がもっと下がっていたら、
実力(偏差値)は上がっていることになります。

 

点数だけを見て「上がった・下がった」と考えるのではなく、
学年平均と自分の点数を比べてから成績を判断してください。

 

練習(くり返し)が足りない

 

反復

 

テスト前は問題集をやるけれど、
一度やっただけで満足してしまいませんか?

 

勉強しているのに点数がとれない原因の1つは

 

反復練習がたりない事による習熟不足です。

 

だれでも問題を一度解いただけでは頭に入りません。

 

とくに社会や理科の暗記や漢字などは反復が命です。

 

学校のワークやプリントは3回反復が理想的です。

 

3回の反復で70点以上は取れるようになります。

 

部活動などでどうしても時間が足りない時でも、2回は繰り返しましょう。

 

苦手な教科を後回しにしている

 

嫌いなもの

 

原因の2つめは、苦手な内容を避けていること。

 

だれでも苦手な野菜があるのと同じことですが、

 

苦手な内容にかぎってテストにはよく出ます。

 

気持ちはわかりますが、ガマンしてやるしかないですね。

 

10分だけやる

 

タイマー

 

苦手な勉強も少しずつでもやっていきましょう。

 

おススメは「10分集中法」です。

 

不得意なことはやりたくないでしょうが、

 

10分だけやる!」と決めてやってみてください。

 

タイマーで時間をはかるのもいいでしょう。

 

好きな科目のあとにやる

 

勉強をスタートをするのに、嫌いな教科はやる気がおきないですね。

 

そこで最初は好きな教科から始め、その勢いで苦手教科をするのもおススメです。

 

もう一人の弱い自分に負けないよう工夫して

 

苦手分野を克服することが成績向上の道です。

 

がんばって!

 

勉強方法がわるい

 

やり方

 

原因の3つ目は、勉強法がわるい場合です。

 

とくに中学1年生は、小学生の勉強のやり方を引きずっている場合が多いです。

 

小学校の勉強と、中学の勉強を比較してみます。 

 

  小学校の勉強

  •   一人ひとりの意見を聞きながら進める授業
  •   グループごとにわかれて発表
  •   分からないときは個人的に補習
  •   授業をやってすぐのテスト
  •   問題と解答用紙が一体となった易しいテスト
  •   テストのできなかった問題は再提出
  •   先生が手取り足とり

 

  中学校の勉強

 

  •   先生の黒板授業
  •   発表はあまりない
  •   個人のフォローは少ない
  •   授業から1カ月から2カ月後のテスト
  •   範囲が広く、問題は多いときで50題のテスト
  •   テストでできていなくてもそのまま
  •   先生は自分の仕事や部活顧問で忙しい

 

小学校、中学校、高校で求められる学力がそれぞれ違います。

 

小学校と同じ感覚でテスト勉強をしてしまうと、いわゆる「中1ギャップ」におちいります。

 

中学生には中学生の勉強法が必要になってきます。

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ