中学生で英語が苦手なら、この3つを克服しよう!

英語の音読

 

英語が苦手なら、まずは基本的な勉強のやり方を知りましょう。

 

高校に入っても英語は必ずあるので、少しでも克服しておくことが大切です。

 

勉強のやり方を身につければ、成績は上がります!

 

以下で、英語の勉強法を確認してくださいね。

 

 

英語が苦手な子の特徴

 

学習塾で指導していると、英語を苦手としている中学生が入塾してきます。

 

英語がわからなくなっている、英語の点が取れない彼らには共通点があります。

 

1、単語がスラスラ読めない

 

2、英語の訳し方がわからない

 

3、基本英文、単語、熟語の覚え方を知らない

 

逆に言えば、これらを順番に克服できれば、英語がわかって点数が取れるようになります。

 

1番から順番に「どうすればよいか」を説明します。

 

単語がスラスラ読めるようになろう!

 

 

英語の単語が読めないと、やる気をなくしますよね?

 

さらに、読めない単語はスペルを覚えるのがほとんど無理です。

 

読めない漢字は覚えられないのと同じ。

 

だから、まずは英語をスラスラ読めることが英語得意の第一歩です。

 

あなたが中2か中3で英語がわからなくなっているとしたら、

 

勇気を出して中1の教科書を読んでみてください。

 

最初は Hi , I am Yuki, など簡単な英文だと思います。

 

レッスン2、レッスン3と進んでいき、読めない単語が出てきたら
そのページから復習スタートです。

 

読めない英単語を読めるようになる方法は3つあります。

 

1、友達や兄・姉、先生に聞く

 

2、カタカナ読みのついた英和辞書で調べる

 

3、教科書ガイドを買って見る

 

1の方法でもいいですが、少し時間がかかるし相手の都合もあります。

 

おすすめは3の教科書ガイドです。

 

英語教科書ガイド

 

単語の読み方が全部かかれているので便利です。

 

大きめの書店に行けばたいてい売っているので、自分の教科書に合ったものを買いましょう。

 

そして、毎日10分〜15分でいいので、音読の練習をしましょう。

 

一日1ページ進められれば、中1の復習などすぐ終わります。

 

英語の訳し方を覚えよう!

 

英和辞書

 

英語の音読がスラスラできるようになると、かなり自信がつくと思います。

 

つぎは、英語を日本語に訳す方法を身につけます。

 

中学生で学ぶ英文は2種類しかありません。

 

1、〜は = ○○

 

2、〜は、〜する、〜を、どのように、どこで、いつ

 

この2つを覚えておけば、中学の英語はほとんど訳せます。

 

例文をあげるので、2種類の語順を理解してください。

 

1、  〜は   =   ○○

 

I   am   Ken. ( 私は = ケン )

 

She   is    a teacher. ( 彼女は = 先生 )

 

You   are    kind. ( あなたは = 親切 )

 

=にはbe動詞(am,isi,areや過去形)が入ります。

 

「〜は」と○○が等しいことを表す英文です。

 

1、〜は 〜する 〜を どのように どこ いつ 

 

I  play  the piano.( 私は ひく ピアノを )

 

She  studies  English  hard  ( 彼女は 勉強する 英語を 熱心に )

 

hey  went          there  yesterday (彼らは 行った そこへ 昨日)

 

「〜は 〜する 〜を どのように どこ いつ」の順に並んでいますよね?

 

英文の型は基本的にこの2種類しかありません。

 

教科書の英文を語順を確かめながら訳してみましょう。

 

わからないときは、教科書ガイドの力を借りてもいいでしょう。

 

基本英文・単語・熟語を書けるようにしよう!

 

tango

 

ここまで頑張れたら、すぐにテストの点数に直結する勉強ができます。

 

テストで必ず出題されるのが、基本英文と熟語の知識です。

 

基本英文は各レッスン(プログラム・ユニット)で学ぶ新しい英文です。

 

1年生や2年生のうちは、こんな問題が出題されますね?

  • 「疑問文に直しなさい」
  • 「否定文に直して、Yes で答える文を書きなさい」
  • 「日本語に合うように並べ替えなさい」
  • 「次の日本語を英語に直しなさい」

 

これらの問題はすべて基本英文の問題といってよいでしょう。

 

だから、教科書基本文はしっかり暗記して和訳・英作の両方できるようにしてください。

 

そして、次によく出るのは熟語ですね。

 

  • 「空欄にあてはまる語句を書きなさい。」
  • 「日本語に合うように並び替えなさい」
  • 「次の英文を日本語に直しなさい」
  • 「日本語を英語にしなさい」

 

これらは熟語を覚えて使えるかどうかをみる問題です。

 

テスト前ならば基本文に加えて、熟語と太字の単語は必ず書けるようにしよう。

 

以上、英語が苦手な中学生の勉強法を紹介しました。

 

できそうなことから少しずつでもやってみてください!

 

ニューホライズン・サンシャインの単語テスト・練習問題はこちら

 

やり方がわかれば成績は伸びる!

 

 

成績の良い子の勉強法公開

 

〜中学生親子必読の勉強マニュアル〜

 

成績が上がる勉強法

 

 

 

 

 

 

中学生の勉強法トップページへ

 

中学生の英語勉強法トップページへ