最近の中学生の修学旅行

 

おみやげ

 

息子が修学旅行から帰ってきました。

 

北陸の中学生は関西へ行くことが多いです。

 

世界遺産の姫路城や日清の工場、USJを満喫してきたようです。

 

現代の修学旅行は班ごとの行動が多く、

 

自分たちで行先を決めて行動するんですね。

 

なんとタクシー貸し切りで移動だそうです!

 

中学生は自分で決める部分がほしい

 

話し合い

 

中学生ともなれば、班ごとの計画行動のように

 

自分の主体性を重んじてほしがります。

 

自分たちで考えて行動できることが嬉しいのです。

 

そして、うまくいってもいかなくても

 

自分で決めたことなので責任感が育ち、

 

考えたり工夫したりできるようになっていきます。

 

そこで、これを勉強にあてはめてみましょう。

 

子どもの勉強は自主性を重んじる?

 

中学生の勉強について、どこまで本人に任せ

 

親はどこまで管理すべきでしょうか。

 

一つ言えるのは、どちらも100%にしないほうが良いということです。

 

1、全部を主体的にはできない。

 

ゲーム

 

それでは、中学生が関西までのバスを手配したり

 

ホテルを予約したりできるかと言えば、難しい面もあります。

 

そこで、先生など大人のお膳立てが必要です。

 

勉強もこれと同じです。

 

子どもに任せきりでは、

 

子どもはテレビやスマホやゲームに向かいます。

 

  • 勉強は本人次第と割り切り何もしない。
  •  

  • 子どものやる気が出るまで待つ。
  •  

  • 勉強しなさいとだけ言う。

 

これでは子どもは自主的に勉強するようになりません。

 

子どもと一緒に勉強時間と内容を決めてください。

 

家庭内のおおまかなルールは必要です。

 

これが決まっていないと

 

勉強していない姿ばかりが目につき、

 

勉強しなさい!

 

今しようと思ってたのに!

 

こんなやり取りになるのです。

 

2、細かいところまで全部決めない。

 

反抗

 

かといって、親がすべてを決めてしまうと

 

子どもに「やらされ感」が出ます。

 

何曜日の何時には何の勉強をするかは、

 

お子さん自身に決めさせましょう。

 

親が先導して決めすぎると、

 

子どもは必ず反抗します。

 

子どもを信頼して見守る

 

おおまかな行動ルールが決まったら

 

しばらく見守りましょう。

 

子どもがルールを守っていないなら

 

今日は●時から勉強の時間よ」と

 

声かけをしてください。

 

先回りして何でも親がやってしまうと、

 

自分で考えたり行動しない子になり、

 

親はウザイと反抗します。

 

押すところ引くところバランスよくです。

 

まずは机に向かう時間と内容を

 

親子で話し合って決めましょう。