国語のテスト前は何をすればいい?

 

国語

 

さあ、中間テスト2週間前!

 

国語のテスト勉強は何をしますか?

 

  • 数学・英語が大事だから、国語は後まわし。
  • やってもわからないから、勉強しない。
  • 頑張っても上がらないので、少しだけ。

このように考えて、あまり勉強しない中学生が多いと思います。

 

しかし、国語も勉強すれば点数が取れるようになります。

 

 

1、教科書ガイドを読む

 

国語ガイド

 

国語の勉強が難しく感じるのは、
何をすればよいかわからないからです。

 

社会のように暗記中心ではないし、
数学や理科のように公式を使うわけでもありません。

 

何が大事なのか?何を覚えればいいか?わかりません。

 

そこで、教科書の要点を理解するのに教科書ガイドを使いましょう!

 

教科書ガイドには、その範囲の要点や大切なことがまとめてあります。

 

また、語句の意味やポイントも書いてあります。

 

テスト勉強をするのに役立つので、ぜひ買ってもらってください。

 

2、学校の授業ノートを見直す

 

授業ノート

 

教科書ガイドに目を通したら、
次に学校の授業のノートを読み直しましょう。

 

中学校の先生が黒板に書いたことも要点だからです。

 

読み直して大事なポイントを理解しておきましょう。

 

教科書をもう一度読む

 

ガイドと授業ノートで要点がわかってきたら、
要点を確認するうえで教科書のテスト範囲を読み直します。

 

テスト範囲を通読することで、内容を確認できます。

 

国語の教科書を読まずにテストを受ける人がいますが、
どんな教科も教科書を読むことは大切です。

 

できれば小さな声で音読することをおススメします。

 

3、ワークの解答解説を読む

 

教科書ワーク

 

要点がわかって教科書を読んだら、
いよいよワークの練習問題を解きましょう。

 

画像は市販のものですが、学校のワークで大丈夫です。

 

練習問題を解いたら、答え合わせが大切です。

 

答え合わせでは解答解説をじっくり読みましょう。

 

解説には「なぜそれが正解なのか?」が書いてあるからです。

 

国語も正解には必ず根拠があります。

 

解説を読んで正解に納得することが大切です。

 

次のテスト勉強では、解説をじっくり読んでくださいね。

 

読解問題のくわしい解き方はこちら

 

4、暗記ものを繰り返す

 

漢字

 

国語のテストで必ず得点したいのが、
漢字や語句などの暗記分野です。

 

漢字は意味を理解したうえで、
ドリル練習をするほかないです。

 

あと回しにしないように、
スキマ時間にコツコツ進めておくのがいいでしょう。

 

テスト前日にあわてて漢字ドリルをやることのないようにしたいです。

 

前日はワークの繰り返しをしたいですよね?

 

 

以上、中間期末テストの国語勉強法アドバイスでした。

 

次のテスト勉強ではぜひやってみてください!

 

最後に、私がまとめた勉強法マニュアルを紹介させてください。

 

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点!

 

テスト勉強のやり方マニュアル決定版!

 

成績が上がる中学生の勉強法

全国5000以上のご家庭で大好評!

 

※ 無料サンプルをご覧ください。