国語が苦手な人は何を勉強すればいい?

国語の勉強法は?

 

チェック1 国語は何を勉強すればいいかわからない。

 

チェック1 ワークをしても点数が取れない。

 

チェック1 漢字練習しかしていない。

 

国語は何をしていいかわからない
中学生のための勉強法を紹介ます。

 

定期テストで10点〜40点の中学生は参考にしてください。

 

国語も勉強すれば上がるから、平均点を目指そう!

 

50点〜60点でもっと国語を伸ばしたい人の勉強法はこちら

 

 

教科書の文の意味を理解しよう

 

国語教科書

 

中間・期末テストは教科書からの出題です。

 

だから、最初は教科書本文の理解からスタートします。

 

でも、

  • 学校の授業がわかならい・・
  • 先生が何言っているか意味不明・・
  • どこが大事なのか教えてもらえない・・

 

このように悩むかもしれませんね。

 

「何を覚えればいいかわからない」中学生は、
教科書ガイドを読むことをおススメします。

 

教科書ガイドを読もう

 

光村国語ガイド

 

国語は要点がわかりにくいので、
要点をつかむ国語の参考書が必要です。

 

国語の教科書ガイドは、

 

あらすじ・要点・語句の説明

 

主にこの3つが書かれています。

 

  1. どんな内容の話なのか?
  2. 大事なところはどこか?
  3. 重要語句の意味は?

これらをよく読みましょう。

 

この3つを読めば、教科書の内容はつかめます。

 

教科書ガイドは、予習にも復習にも使える優れモノです。

 

学校のノートを見直して教科書を読もう

 

教科書ガイドで要点がわかったら、
中学校の授業ノートも見直していきましょう。

 

教科書のテスト範囲を読みながら
授業のノートを見直すと効率的です。

 

ガイドに書いてあった要点と
学校ノートの要点が「だぶる」場所もあると思います。

 

要点がダブル場所は、超重要な場所だと言えます。

 

テストに出やすいということですね。

 

練習問題を解いてみよう

 

中2国語ワーク

 

教科書ガイドを読んで授業ノートも見直したら、
今度はいよいよ練習問題を解いていきます。

 

中学校のワークがあればそれに専念しましょう。

 

あれもこれもやる時間はないし、
1冊に絞ったほうが効率的です。

 

もし中学校からワークが配られていなければ、

 

上の画像のような市販のワークを買ってもらってやりましょう。

 

解説を読みながら解く

 

よく読む

 

国語のテスト勉強のときに、

 

ワークの問題が全然わからない・・
という人がいるかもしれません。

 

国語が苦手なら無理もないかもしれません。

 

そんなときは思い切って、
ワークの答えを見ながら解いていきます。

 

もちろん、ただ正解を書き写すのではありません!

 

答を丸写しして丸暗記しても意味ないです。

 

正解と解説を読みながら、問題を解いていきます。

 

解説には、「なぜそれが正解なのか?」が書いてあります。

 

それを確かめながら、理解しながら答えを書いてください。

 

「ふ〜ん、そう読めばよかったんだ!」

 

そんな風に、正解に納得することが大切です。

 

漢字は8割を目標に

 

漢字を覚える

 

定期テストの漢字は10点〜20点出ます。

 

少し面倒くさいかもしれませんが、
暗記していれば点数を取れる部分です。

 

中学校で配られているドリルやワークで練習しましょう。

 

新出語句は教科書ガイドを見て、
意味を理解してから覚えるようにしてください。

 

意味も分かって覚えれば、
一石二鳥で賢くなれますよ。

 

では、次のテスト頑張って!

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ

 

国語のおススメ問題集はこちら

 

高校受験の国語勉強法はこちら

 

課題作文・小論文の書き方はこちら

 

漢字検定の勉強法はこちら