高校入試1ヶ月前、2ヶ月前の1月や2月は何をすべき?

ラストスパート

 

12月、冬休み、いよいよラストスパートをする時期です。

 

年が明けて1月には実力テスト、模試があると思います。

 

この1月の校内実力テスト、校外模試で進路が決定しますから、
非常に大事なテストですね。

 

そして入試本番まであと1ヶ月、2ヶ月足らずかと思います。

 

どんな勉強をすればいいでしょうか?

 

 

12月の大きなテストが終ったら、
「攻めの勉強」から「守りの勉強」に切り替えてください。

 

前へ前へ進む勉強から、少し振り返って

 

今まで身につけたことを復習して守る勉強を増やしましょう。

 

なぜ、ガツガツする勉強からシッカリ守る勉強に変えるべきなのでしょうか。

 

1、試験は「落とす」ためにある。

 

そもそも入学試験は何をするためにあるのでしょうか?

 

高校は定員が決まっているので、試験は入学者を選抜するためにあります。

 

300名の入学者に対して400人が希望するから、

 

試験をして振るいにかけるわけです。

 

私達は「合格したい・させたい」と頑張るわけですが、

 

高校が行う試験自体は落とすために行われます。

 

では、どうすれば落ちずにすむのでしょうか?

 

2、取るべき問題でミスると落ちる

 

冷たい言い方になるのですが、

 

落ちる子の特徴というのがあります。

 

落ちてしまう子は、自分のレベルの問題でミスる子です。

 

つまり、同じ程度の学力の子が正解できる問題が、正解できない子です。

 

基準としては以下のようになるでしょう。

 

●偏差値50の高校を目指すお子さんは、平均点を取れれば合格できます。

 

だから、基礎問題は必ず正解したいです。

 

●55の高校を目指すお子さんは、標準問題は得点したいです。

 

難問は捨てていいのですが、基本問題でミスると落ちます。

 

他のライバルは基本問題はがっちり正解してくるからです。

 

●60以上だと基礎・標準までとやや難問は頑張ってほしい。

 

難問で勝負になるのですが、基本標準でミスると落ちます。

 

3、これからは本番で「うっかり」を減らす努力を。

 

第一志望高校の入試一ヶ月前になったら、
今までのテストや問題集、模試を徹底的に見直し、解き直してください。

 

本番で怖いのは次の2つです。

 

「あれ?何だっけ?」と基本をド忘れして、パニックになること。

 

「これ、解いたことあるのに忘れた!」と焦ること。

 

試験は一度リズムを崩すと、立て直すのが大変です。

 

本番でこれまでの努力をすべてぶつけるためにも、

 

今までやってきたことをきっちり振り返る、

 

知識と自信を強固にしていくことをオススメします。

 

泣いても笑ってもあと数ヶ月。

 

悔いの残らないように頑張ってください!

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ