志望校に合格できる親子とは?

合格

 

20年ほど高校受験の指導をしてきますと、
志望高校に合格できる親子には共通することがあるとわかります。

 

ここでは技術的なことではなく、
精神的な支えとしての親の役割を考えましょう。

 

高校受験生の親の対応、注意することは?

 

 

親子が同じ方向を向いている

 

仲のいい親子

 

受験勉強を本格的に始める夏になっても
家としての方針が定まらない家庭があります。

 

最悪の場合、親子ケンカに発展する場合も。

 

これでは子どもが勉強に集中できません。

 

まずはご夫婦の方針を一致させ、本人と話し合いましょう。

 

お父さんとお母さんの意見が異なっている場合は、
早い時期にお二人でよく相談してください。

 

お父さんも「本人次第」ではダメ

 

 

ときどきお父さんの方針がとして
本人の好きにさせればいい」という方もいらっしゃいます。

 

しかし、「好きにしろ」と言われて、逆に困るお子さんも多いです。

 

お子さんはまだ中学生です。

 

自分の将来の明確なビジョンを持っている子は少ないです。

 

お父さんとして「わが子にはこうなって欲しい」という軸を持ってください。

 

例をあげておきましょう。

 

  • 公立高校に進んでほしい。
  • 国公立大学に進学してほしい。
  • 就職や専門学校でもいい。
  • 短大は出てほしい。

 

お父さんとお母さんの「親としての方針」が決まったら、
お子さんの希望を聞き、さらに3人で相談しましょう。

 

受験勉強を始める8月までには、志望校を絞っておきたいです。

 

家族みんなで受験に対する考えを共有してください。

 

情報に振り回されない

 

噂話

 

家族としての方針がはっきりしないと、いらない噂に振り回されます。

 

噂に動揺しないためにも、家族としての受験方針が必要です。

 

○ A高校は先生の進学指導が素晴らしい。(だめらしい)

 

○ B中学からC高校へは入学が難しいらしい。(簡単らしい)

 

○ ネット上にD高校の文化祭は楽しいと書いてあった。(つまらないと書いてあった)

 

これらは根拠や出所がはっきりしないので、
噂はウワサ、適当なものだと考えてください。

 

とくにネット上の高校の評判などは、まったく当てにならないと考えてください。

 

学校の評判は個人の感じ方によって異なるからです。

 

お子さんも情報に振り回されやすい

 

インターネット

 

今の子どもは手軽にスマホやタブレットに触れられます。

 

またインターネットで高校の情報やウワサも閲覧できます。

 

大人以上に「偽情報」に出会うことが多いでしょう。

 

正確で信頼のおける情報は学校や塾の先生が持っています。

 

何か疑問があれば、学校や塾の先生に聞きましょう。

 

親は何があっても応援する

 

応援する

 

お父さんやお母さんは、お子さんの成績が気になると思います。

 

そして成績が下がってしまうと、ガッカリするだろうと思います。

 

しかし、入試までの成績は上がったり下がったりするので当たり前です。

 

成績が下がったり模試の判定が良くなければ、
ついポロリとこぼしたくなる気持ちもわかります。

 

  • もっと頑張れって言ったでしょ?
  • ほら、やっぱりダメだった。
  • 志望校を下げたら?
  • お前には無理だよ。

 

でも、これらは親が言ってはいけません。

 

大丈夫、まだ間に合うぞ!

 

努力を続ければ伸びる!

 

お前なら合格できるよ!

 

ポジティブな言葉をかけ、一緒に戦うという気持ちでいてくださいね。

 

いざという時に、お子さんが信頼して助けを求めるのは親です。

 

受験が終わるまで、ずっと最大の応援者でいてあげてください。

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ