模試の結果が出たら、何をすればいいか?

 

模試の返却

 

高校入試模試の結果が出たら、いろいろな気持ちになります。

 

結果が良ければ嬉しいし、思うような結果が出なかったら悲しいです。

 

でも、「よかった!」「またがんばろう!」とか
「だめだった!」「やる気なくした!」で終わらせたくないですね。

 

せっかく受けた模試ですから、
本番の高校入試対策として活かしていきましょう。

 

まだ時間はありますから、できることがあります。

 

具体的に何をすればいいか、紹介します。

 

 

できていない分野を洗い出し、対策しよう

 

チェックする

 

まずは、自分の答案をしっかり見直しましょう。

 

5科目の問題と○×がついた答案を見直して、
各科目で「できたこと・できていないこと」を分析します。

 

できていたこと できていないこと
国語:漢字・説明文の読み取り 国語:小説の読み取り・古文の基礎
数学:基礎計算・一次関数応用・体積 数学:平行四辺形・確率の応用
英語:対話文の読解・並び替え・短文作文 英語:リスニング・長文読解
理科:植物・電流と計算・地震 理科:飽和水蒸気量の計算・光の作図
社会:世界の地理・平安時代・鎌倉時代 社会:江戸時代の改革・日本国憲法・記述問題

 

このように表にまとめておくとよいでしょう。

 

さて、ここからが対策です。

 

できていなかった分野は、
基礎からもう一度復習するのがオススメです。

 

1年生や2年生のときのワークの確認問題から始めましょう。

 

ワークがない人のおススメ問題集はこちら

 

わからない事は、教科書を読みなおすなどしてください。

 

苦手分野は無理に難しい入試問題集に手を出さず、
原点に戻る・基本にかえる」ことが大切です。

 

一歩一歩、階段をのぼることが大事です。

 

志望校は下げないで頑張ってみる

 

頑張る

 

模試の結果が悪ければ、こんな風に考えてしまうでしょう。

 

落ちるかもしれないから、志望校を下げようか・・・

 

ショックを受けて悲観してしまう気持ちはわかります。

 

しかし、今が入試本番の3ヵ月前なら、まだまだ成績は伸びます。

 

願書を出す直前まで、第一希望の高校を目指してください。

 

なぜなら、志望校を変更しても合格する保証はないからです。

 

また、何よりモチベーションが下がるからです。

 

最後まであきらめず、がんばってみよう!

 

親はこれまでと同じように励まし続ける

 

模試の結果が悪ければ、お父さんお母さんもがっかりするでしょう。

 

  • もっと頑張りなさい!
  • これじゃ、合格できないよ!
  • 志望校のランク下げたら?

 

このような言葉を投げてしまうかもしれません。

 

しかし、本当は両親もお子さんの合格を望んでいるはず。

 

努力が結果に結びついていなくても、お子さんを励まし続けてください。

 

第一志望校を受験校にするかどうかは、
願書を出す直前に決めるものです。

 

それまでは、親子でよく話し合いながら、
お子さんを応援してあげてください。

 

学校の先生に「無理!」と言われても

 

志望校に合格する子は少なくありません。

 

おススメ記事

合格しよう!高校受験勉強マニュアルとは?

 

受験勉強のモチベーションを保つ方法

 

勉強しているのに伸びない原因は?

 

 

勉強のやり方がわかった!

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる中学生の勉強法 》

 

成績が上がる勉強法

 

高校に合格したみなさん

 

高校受験勉強法

 

運営者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。
数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。
著書に『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』(明日香出版)がある。
上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に伝えて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。