高校受験直前の国語はこう勉強しよう!

本を読む

 

高校受験の直前の国語勉強法を紹介します。

 

入試1か月前に何をしていいかわからない人は参考にしてください。

 

国語もまだ伸びます、合格目指してがんばろう!

 

 

1、日本語の長文に毎日触れる

 

国語長文

 

国語の長文は、長いあいだ読んでいないと、
読む感覚やスピードもにぶってしまいます。

 

久しぶりに読むと、「うわ!」と圧倒されることでしょう。

 

ですから、少しずつでも毎日触れることが大切です。

 

かといって、毎日新しい長文を読む必要はありません。

 

例えば、

 

  • 月曜日に国語の説明文をじっくり読み、解答解説で正解確認。
  •  

  • 火曜日は同じ文を、答えを確認しながらもう一度読む。
  •  

  • 水曜はあたらしく小説読解を読む。
  •  

  • 木曜にじっくり解説を読む。
  •  

  • 金曜はその小説を読み直し。
  •  

  • 土曜日は古文。

 

このようにしてスケジュールを決めて学習するとよいでしょう。

 

前回の読み直しだけでもいいので、毎日続けることが大事です。

 

2、古文・漢文をマスター

 

古文登場人物

 

国語の古文や漢文は短期間でも克服しやすい分野です。

 

苦手な人もまだ間に合います!

 

対策としてやさしい問題集を1冊やれば十分でしょう。

 

オススメは、くもん出版の「こわくない 古文漢文」です。

 

古文のストーリーがマンガで読め、親しみやすくしてあります。

 

高校入試国語おススメ問題集はこちら

 

現代かな使いなどに慣れるためにも、音読は欠かせません。

 

高校入試でも難解な出題はありませんので、
基礎をしっかりおさえる勉強をしてください。

 

古文・漢文は今からでも得点できる問題を増やしやすいです。

 

3、作文は先生に添削してもらおう

 

作文添削

 

都道府県によって、高校入試に国語作文がある場合があります。

 

「将来の夢」「好きな言葉」など、ある程度自由に書いてよいものや

 

資料を読み取って意見を書くもの、ディベート(議論)的なものもあります。

 

基本的は原稿用紙の使い方は間違えていないか、

 

主語と述語のねじれがないか、誤字脱字は大丈夫かなど、

 

書いた本人は気付かないミスがあるものです。

 

作文は必ず学校や塾の先生に添削をお願いしましょう。

 

こまめに添削をしてもらって、書き方を学んでください。

 

4、漢字はまとめページを利用

 

漢字練習

 

高校入試では必ず漢字の出題があります。

 

配点は10点くらいだろうと思います。

 

対策としては、入試問題集の巻末ページを使うことです。

 

「よくでる漢字」

 

「間違いやすい漢字」

 

「必ず覚えたい漢字」

 

このような特集ページがあると思います。

 

1か月前にはやっておきたいですね。

 

 

成績の良い子の勉強法公開

 

〜中3生親子必読の受験マニュアル〜

 

成績が上がる勉強法

 

 

 

 

入試直前数学の勉強法はこちら

 

入試直前理科の勉強法はこちら

 

高校入試直前英語の勉強法はこちら

 

高校入試直前社会の勉強法へ

 

高校受験勉強法トップページへ

 

中学生の勉強法トップページへ