しっかり準備すれば大丈夫です!

高校のスポーツ推薦や一般入試で面接試験を行う高校があります。

 

面接試験もしっかりと準備して練習すれば怖くありません。

 

面接試験の受け方のコツと注意点を紹介します。

 

ぜひ志望高校合格を勝ち取ってください!

 

 

キミにとって「面接」は初めての経験ですか?

 

経験がないことは怖く感じるものですが、大丈夫です。

 

まず、「なぜ面接があるのか」を高校の校長先生の立場で考えてみましょう。

 

なぜ面接試験が必要か?

 

高校受験の面接

 

なぜ面接試験が必要なのでしょうか?

 

キミが○○高校の校長先生だったら・・を考えてみます。

 

キミの○○高校に入りたいと考えている中学3年生がたくさんいます。

 

でも、キミはその中3生たちとは一度も会ったことはありません。

 

顔はもちろん知りません。

 

内申書から受験生の成績や学校での様子がわかるだけです。

 

明日はいよいよ入学試験です。

 

3年間一緒に過ごすことになる中学3年生がキミの高校の面接にきます・・・。

 

どうですか?

 

キミが校長先生なら、

 

試験を受けにくる子たちの顔を見たいと思います。

 

少しでも話してみたいと思いませんか?

 

この高校に入りたい!という気持ちを確かめたいと思います。

 

そこまで想像できたら、面接で重要なことは何か、考えてみましょう。

 

面接試験で大切なことは?

 

高校入試面接

 

これも「校長先生になったつもり」で考えてください。

 

どんな生徒に自分の高校に来てほしいですか?

 

キミが校長先生なら、受験生のどこを見ますか?

 

受験生に何を聞きたいですか?

 

それでは本物の校長先生が何を見たいか、答えです。

 

  1. キミの態度・服装・礼儀作法・言葉づかい
  2. キミのこの高校に入りたいという熱意
  3. キミの高校入学後の意欲や積極性

 

おおまかに分けてこれらの3つです。

 

態度や礼儀作法・服装・言葉などは外から見えるもの

 

熱意や意欲、積極性は外からは見えない心の中にあるものですね。

 

では、実際の入試での注意点やアドバイスです。

 

礼とあいさつをしっかりと

 

礼

 

入室と退室のときなどの挨拶がきちんとできると好印象です。

 

入室のときは「失礼します」、

 

イスに腰掛けるときに「よろしくお願いします

 

退室のときは「ありがとうございました。

 

会釈(えしゃく)とともにこの3つをハキハキ言いましょう。

 

言ってはいけないNGワード

 

言ってはいけない

 

最初に、これは減点されるというNGワードの説明をします。

 

最初にあげた「面接のポイント」を復習しておきましょう。

 

校長先生や面接の先生は君の何を見たいのか・・・・・?

 

  1. キミの態度・服装・礼儀作法・言葉づかい
  2. キミのこの高校に入りたいという熱意
  3. キミの高校入学後の意欲や積極性

 

校長先生はキミの熱意・意欲・積極性を見たいです。

 

だから、NGワードは「わかりません・考えていません」などです。

 

例えば「部活動は何をしますか?」という質問に対して何も考えていなくても

 

「まだ考えていませんが、入学後は運動部に入ろうと思っています。」と答えます。

 

「考えていません」だけだと、消極的と受けとられるからです。

 

前向きな発言、積極的な発言を心がけましょう。

 

積極的な発言は「自分はこの高校に入って頑張りたい!」という

 

熱意・意欲と受け取ってもらえます。

 

ウソは言わない

 

積極性や熱意が大事ですが、だからといってウソはつかないようにしましょう。

 

自分をもっと良く見せようとしなくても大丈夫です。

 

面接の先生によっては、「突っ込んだ」質問をしてくる人もいます。

 

例えば、「最近読んだ本は?」の質問に

 

ウソで「○○です」と答えたとしましょう。

 

そしたら「その本の感想を教えてください」という質問が続く場合があります。

 

本当は読んでないとしたら、困りますよね。

 

相手は面接のプロです。

 

正直に誠実な受け答えをしましょう。

 

服装などについて

 

学生服

 

これは大丈夫ですよね?

 

試験の1週間前には散髪をして、気持ちもさっぱりしておきましょう。

 

清潔感があると印象も良いです。

 

もう一つ、1週間前のおススメは笑顔の練習です。

 

男女ともに、ニッコリ笑顔は好印象です。

 

毎朝、鏡の前でニッコリの練習をしておきましょう。

 

面接時間以外の注意点

 

面接

 

面接の先生は、面接時間以外のキミも見ています。

 

自分の順番を待っているときでも、緊張感をもっていましょう。

 

  • 友達と大声でしゃべらない。
  • 廊下に座り込んだりしない。
  • スマホは電源を切って触らない。

 

これらに気をつけましょう。

 

緊張して頭が真っ白になったら?

 

パニック

 

面接本番を迎えると、どうしても緊張すると思います。

 

たくさん練習してきたのに、頭が真っ白になるかもしれません。

 

準備した答えを忘れてしまうこともあります。

 

頭が真っ白になっても、聞かれた質問に自分なりに答えれば大丈夫です。

 

ドキドキして落ち着かなければ、

 

少し時間をください。」と言えば大丈夫です。

 

答えるのが遅れても、それで減点になることはありません。

 

落ち着いたらゆっくり答えてください。

 

面接官はプロです。

 

受験生が緊張していることも知っています。

 

緊張しても大丈夫です。

 

それでは、面接試験頑張ってください!

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ