部活動との両立を目標に

 

多くの中学3年生は夏休み前の最後の大会まで

 

部活動が続くと思います。

 

中学部活動の総決算として、県大会や地区大会があり、

 

練習量もこれまで以上になることでしょう。

 

学力検査や修学旅行などもあり忙しく、

 

体力的にも精神的にも疲れやすいと思います。

 

個人的な意見としては、高校入試の準備というより

 

「健康で過ごし、勉強と部活動の両立を懸命にする時期」と考えています。

 

力がある強い部でない限り、県大会出場で部活動は引退です。

 

最後の大会まで悔いなく精一杯すれば、

 

その後の勉強もうまく切り替えられると思います。

学校で与えられた課題をきっちりこなす

だからといって、全然勉強しなくていいわけではありません。

 

理由は2つです。

 

1つは、数学の1学期の学習内容は2学期以降に使うからです。

 

多項式の展開や因数分解は、その後の二次関数や図形で利用します。

 

問題の考え方が理解できても、計算ができないと正解にたどり着けません。

 

もう一つは、内申点に大きく影響するからです。

 

多くの都道府県では、3年生の成績を重視します。

 

内申全体のうち半分を占めたり、3年の通知簿しか見ない県もあります。

 

部活動であまりに忙しく、成績がガクンと落ちることのないようにしたいです。

 

そのためにも、普段から与えられる課題や入試のためのワークなど、

 

中学校で与えられたものはきちんとこなしていきましょう。

志望校選定が理想

繰り返しますが、本格的に受験勉強をするのは夏休みからです。

 

夏休みに気持ちを切り替えるために、志望校の選定をしておきたいです。

 

志望校があるとモチベーションが上がりやすく、勉強がはかどります。

 

周囲の先生や保護者の方も、声かけや激励がしやすいですよね?

 

ですから「決定」でなくとも、いくつか候補をあげられるようにしておきたいです。

 

そのためには、親子で「高校調べ」をやってみたり、

 

インターネットのHPを順に見たりすることをおすすめします。

 

通学に自転車やバス、電車が必要になる場合も多いです。

 

休日はシミュレーションとしてバスや電車に乗って、

 

志望校まで行ってみるのもおもしろいでしょう。

 

< 高校受験合格勉強法 >

 

合格

 

  • 受験勉強のやり方がわかります。
  • 計画の立て方がわかります。
  • おススメ問題集がわかります。
  • やる気の出し方がわかります。
  • 面接・作文の練習法もわかります。

 

合格

 

合格者の声・無料で読めるサンプルもあります。

 

高校受験勉強法