高校受験で不合格になったら?

中学校の教室

 

自分の子どもが高校受験で不合格になってしまった。

 

第一志望の高校で落ちてしまった。

 

そんなとき、親はどう対応すればいいでしょうか?

 

声掛けの仕方をアドバイスさせていただきます。

 

 

1、今回は譲っただけと言う。

 

私は中学生対象の学習塾を20年やっていますが、
なかなか全員合格とはいきません。

 

第一志望の高校に落ちる生徒はいます。

 

志望校に落ちても健気に挨拶に来てくれる子もいて、
そんな生徒には、このように伝えます。

 

悔しかったり、辛い気持ちがあると思うよ。でも、

 

お前の代わりに誰かが合格して喜んでいる。

 

今回は譲ってあげたと思えばいいよ。

 

最初に、落ち込む気持ちに共感してあげましょう。

 

頑張ってきたプライドもあると思いますので、

 

誇りを失わせないようにできるといいですね。

 

逆に、合格した子には次のように話します。

 

合格おめでとう。よく頑張ったね。

 

反対に、不合格になって泣いている子がいる。

 

落ちた子の気持ちも想像できるようになろう。

 

努力してきたことを認め、称賛しましょう。

 

ただ、不合格でガッカリしている子もいることを想像させます。

 

思いやりのある子に育ってほしいですね。

 

2、自分の挫折体験を話す。

 

私は学生時代の受験に関してはうまくいきましたが、
仕事を始めてから何度も挫折しました。

 

転職も経験しています。
資格試験も何度か落ちています。

 

ところが、生徒たちは勝手に
先生は試験に落ちたことがないと思っているみたいです。

 

だから、私が試験に何度も落ちたというと驚きます。

 

先生も試験に落ちたとわかると、ほっとするようです。

 

お父さんやお母さんもご自身の体験を話し、
落ち込んでいるお子さんをリラックスさせましょう。

 

長い人生では挫折も悪くないと教えましょう。

 

高校受験は、次へのステップに過ぎません。

 

3、「失敗」とは言わない。

 

「うちの子、中学受験で失敗したので・・」

 

このような話をされるお父さんお母さんがいますが、

 

「失敗」という言葉は子どもをひどく傷つけます。

 

家庭内はもちろん、家庭の外でも
不合格を「失敗」と言わないようにしましょう。

 

私の座右の銘は「人間万事塞翁が馬(ジンカンバンジサイオウガウマ)」です。

 

飼っていた馬が逃げてしまい嘆いていると、

 

その馬が立派な馬を引き連れて帰ってくる。

 

喜んでいたが、その馬に乗った息子が落馬。

 

足を怪我して悲しんでいたが、戦争が起こる。

 

足の怪我のおかげで息子は兵役を逃れた。

 

不幸と思ったことが幸福となることもあるという故事です。

 

受験に落ちたとしても、それが幸福に転じる場合もあります。

 

「それが本当に失敗かどうか」は、その時はだれにも決められません。

 

進学先で一生の友達や素晴らしい指導者に出会うかもしれません。

 

今後の人生を拓く指針を得るかもしれません。

 

私の塾は高校受験までの指導です。

 

高校受験で第一志望に合格できなかった子も、

 

3年が経って大学の合格を報告に来てくれます。

 

リベンジできました〜!と最高の笑顔です。

 

まだまだ人生は続きます。

 

お子さんを信じて、前向きに応援を続けましょう。

 

やり方がわかれば合格できる!

 

高校受験勉強法ガイドブック

 

全国1000名以上が志望校合格!