高校受験生との接し方

多くの受験生と保護者の方と接してきました。

 

残念なことに親の言動が
受験にマイナスとなってしまうことがあります。

 

そこで受験生の親がしてはいけない3つのことをお伝えします。

 

少し耳の痛い話もあるかもしれませんが、
3つのことを心に留めていただき、
お子さんと一緒に高校受験を成功させてくださいね。

 

 

1、イライラ・不安を子どもにぶつける

 

受験の心配

 

  • 子どもが勉強しない
  • 成績が伸びない
  • 志望校の判定が悪い

 

高校受験では、親子ともに
イライラしたり不安になることが多く起こります。

 

親ならば「子どもに合格してほしい」と願うのは当然ですが、
願いが強いほど不安やイライラも大きくなるようです。

 

でも、自分の不安やイライラを子どもにぶつけないようにしたいです。

 

イライラを子どもにぶつけることは、
親のストレス発散にすぎません。

 

また、それで子どもが勉強するようにもなりません。

 

親が受験生に言ってはいけない言葉

 

no good

 

感情のままに子どもが落ち込む言葉を言っていませんか?

 

合格できないよ!
志望校下げなさい!
バカ!
もう塾はやめさせます!
スマホ禁止!ゲーム禁止!

 

などと言ってしまうと、子どもは傷つきます。

 

親に不信感を抱き、反発して言うことを聞かなくなるでしょう。

 

反発する元気があるのならいいのですが、
自己否定をして悲観してしまう子もいます。

 

  • お母さんは私を嫌いだ
  • 親から見捨てられた
  • ボクはダメな子だ
  • 高校なんか行きたくない
  • 勉強なんかイヤだ

 

生きるエネルギーをなくしてしまう子もいます。

 

子どもは親の鏡です。

 

親の言動が子どもに映し出されます。

 

イライラする気持ちはよく理解できますが、
感情をお子さんにぶつけないようにしたいです。

 

子どもの高校受験の不安を小さくする方法はこちら

 

2、他の子と自分の子を比べる

 

内緒話

 

高校受験の1年間は、いろいろな噂を耳にすることでしょう。

 

噂の中には、ネットから拾っただけのものや
根も葉もないものもあります。

 

自分が望んでいなくても、
近所の子の話も耳に入ってくると思います。

 

〇〇くんは、□□高校を受けるらしいよ

 

△△さんは、トップクラスの成績みたいね

 

その話を聞いてお子さんに

 

〇〇くん□□志望よ。あんたも頑張りなさい!

 

このように自分の子と他人とを比べないようにしてください。

 

子どもは本来、親に自分のありのままを受け入れてほしいと願っています。

 

他人と自分を比べて優劣をつけられるのをとても嫌がるからです。

 

また、学校の成績や志望校の違いで
人を区別することを不快に思うでしょう。

 

友達や知人を引き合いに出しても、
お子さんを激励することにはなりません。

 

あなたのお子さんと他人の子を比べないようにしてください。

 

お前はお前で頑張ればいい

 

このように言ってあげれば、子どもは勇気づけられます。

 

3、一人で悩み、考え込む

 

悩む

 

大事な我が子の高校受験となると、
悩む機会が多くなると思います。

 

自分一人で悩んでしまうと、
とかく悪い想像が膨らみやすいものです。

 

受験生の親としての悩みや不安、
心配はだれでも持っています。

 

まずは家族に悩みを相談して、
他の人にも聞いてもらいましょう。

 

一人で悩まずに相談相手を持ってください。

 

できれば、高校受験を経験した
先輩保護者さんがいいと思います。

 

指導歴のある塾の先生などでもいいでしょう。

 

一人で悩んで背負い込むことのないようにしてくださいね。

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ