高校受験数学のラストスパート!

高校受験直前の数学勉強法を紹介します。

 

数学はまだ伸ばすことができるので、
最後まであきらめずにがんばりましょう!

 

 

1、大問1(小問集合)の全問正解

 

計算問題

 

多くの都道府県では、数学の大問1は小問集合です。

 

小問の計算問題や基礎問題は完璧にしておきたいです。

 

過去の入試問題の計算問題を3年分は解き、
解きなおしをきちんとやって、大問1の満点を目指します。

 

学力レベルに関係なく、基礎問題の失点は大きく響きます。

 

できる問題を確実に得点することが大切です。

 

難問に調整んしたい気持ちはわかりますが、
入試直前は基礎をしっかり固めましょう。

 

2、100点は目指さなくていい

 

60点でOK

 

偏差値65以上の高校を目指すのなら別ですが、
トップ校以外は数学で100点を目指す必要はありません。

 

つまり捨てる問題があっても構いません。

 

各大問に(1)(2)(3)があったら、(3)は難問であることが多いです。

 

どれだけ正解すればいいか、目安を書いておきます。

 

レベル下 偏差値50以下の高校を志望するお子さんは
(1)を確実に正解し(2)のいくつかの正解を目指す。

 

レベル中 偏差値55までなら(2)までを確実に正解。

 

レベル上 偏差値60までなら(3)のいくつか正解を目指す。

 

問題集や高校入試過去問を解くときも、
こんな目安で勉強を進めるといいでしょう。

 

3、融合問題を多く練習

 

関数融合問題

 

高校入試は1年生〜3年生の全部が範囲です。

 

よく出題されるのがそれらの融合問題です。

 

  • 二次関数に一次関数の直線が重なっている。
  •  

  • 円の中の三角形の合同や相似証明。
  •  

  • 三平方を使って立方体の体積を求める。

 

1年生から3年生までの知識や解き方を
もれなく理解しているか見る問題です。

 

偏差値55以上の高校合格を目指すなら、
公立入試の過去問が良い練習になります。

 

3年の2学期以降の分野は融合が多いです。

 

苦手な人は、学校の教材で十分なので復習しましょう。

 

解きなおしをしっかりやろう!

 

 

もちろんですが、
小問集合もやや難しい融合問題も「解きなおしが命」です。

 

むやみやたらに数をこなすよりも、
理解して解きなおす方が自信と学力が付きます。

 

あせらずに、目の前のことを確実にできるようにすることが大切です。

 

高校受験生のみなさん、風邪に気をつけてがんばってください!

 

 

志望校に合格する勉強法公開

 

偏差値40台→60の高校合格!

 

高校受験勉強法

 

 

 

理科の高校入試直前対策へ

 

英語の高校入試直前対策へ

 

国語の高校入試直前勉強法へ

 

高校入試直前社会の勉強法へ

 

高校受験勉強法トップページへ

 

中学生勉強法トップページへ