いろいろなことをしようとせず、シンプルに徹底して勉強する

 

やった

 

簡単に成績を上げたい・・・!

 

すべての中学生がそう思っていることでしょう。

 

成績を上げるには、あまり複雑なことはしなくていいです。

 

クラスの頭の良い子だけがラクに点数が取れる裏技を知っている。

 

かれらは魔法を使うか、秘密の特訓をしているに違いない。

 

そう考えるかもしれませんが、彼らは普通に努力しているだけです。

 

その努力の仕方が大切なのです。

 

成績の良い子がやっているシンプルな原則を紹介します。

 

 

成績が良い子が守っている3つとは?

 

良い点数

 

では、成績の良い子がやっている3つの原則を紹介しますね。

 

彼らも変わったことをやっているわけではありません。

 

努力の仕方が正しいのです。

 

1、学校のワークを3回する。

 

3回と言うとすごく時間がかかるような気がしますが、
時間がかかるのは1回目だけです。

 

手順を紹介しますね。

 

ワーク1回目

 

テスト範囲の内容を見直すためにする。
教科書を見ながら記入してもよい。

 

ワーク2回目

 

ここからが本当の勉強。
教科書を見ないで解けるかやってみる。
解けなかったものは×をしておく。
解説を読んでもわからないものは、先生や友達に質問。

 

ワーク3回目

 

2回目で×になった問題、分からなかった問題
友達や先生に教えてもらった問題を繰り返す。

 

 

これを徹底させるだけです。

 

ワーク1回やってテストにのぞんでいる子は、
40点〜50点くらいでストップです。

 

2回目までやれば60点以上はいけます。

 

3回目までやれば、難しすぎるテストでない限り70点を超えます。

 

3回やってまだ余裕のある子は、別の問題集を買ってもらいましょう。

 

1つのワークを中途半端にして他の問題集をやってしまう子・・・
進研ゼミだ、ポピーだ、と次から次と欲しがる子・・

 

がんばっているつもりでも、成績は上がりません。

 

与えられたものをマスターすることに集中しましょう。

 

2、要点をまとめに時間をかけない。

 

まとめノート

 

テスト勉強のスタートから「要点整理」をする子がいます。

 

でも、科目が多かったり、テスト範囲が広いと、
まとめに時間がかかりすぎます。

 

ワークをやりながら「要点まとめ」をするのは時間のロスです。

 

それよりも問題を解くことに多くの時間を使いましょう。

 

問題を何度も解くことで、まとめると考えましょう。

 

ワークを3回やってどうしても整理できない。わからない。

 

そのときは自分なりにノートにまとめましょう。

 

3、誘惑がなく、勉強に集中できる場所を用意する。

 

ビデオゲーム

 

手の届くところにゲームがあれば、遊びたくなりますよね?

 

中学生にとって、勉強よりゲームが楽しいに決まっています。

 

ハッキリ言えば、がまんできるものではありません。

 

それならば、最初から遊ぶものがない場所で勉強しましょう。

 

親は子どもの意志に期待せずに、環境を用意する

 

お父さんやお母さんは、
「テスト前だからガマンして勉強すべき」と考えるかもしれません。

 

でも、中学生の意志はそれほど強くありません。

 

自分の意志で机に向かうことができるのは、
高校生になってからでしょう。

 

勉強する環境は「仕事場」と同じだと考えてください。

 

仕事場にはマンガやテレビ、ゲーム、遊び目的のパソコンはないはずです。

 

こどもに最適な勉強場所は?

 

自分の部屋以外で、静かで誘惑のない場所があるといいです。

 

家の事情もさまざまですから、
場所はとくに決まっていません。

 

リビングや和室、お父さんの部屋などでもOKでしょう。

 

どうしても家の中に適した場所がないなら、
図書館や塾の自習室などの利用も検討するとよいでしょう。

 

ちなみに私の塾では、テスト前の土日はみんな塾に来てもらい
ワーク3回をさせています。

 

みんな家で長時間の集中勉強はできないからです。

 

あんまりアレコレ言わないで、シンプルに勉強させる。

 

親もあまり考えすぎず、シンプルに考えるのがコツかもしれませんね。

 

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点!

 

テスト勉強のやり方マニュアル決定版

 

成績が上がる中学生の勉強法

 

全国5000以上のご家庭で大好評!

 

※ 無料サンプルをご覧ください。

 

中学生の勉強法