テスト当日にしておきたいことは?

テスト当日はドキドキすると思います。

 

テストまで、一生懸命努力してきたと思います。

 

頑張ってきたことが100パーセント発揮できるよう、
当日にやっておきたい4つのことをお伝えします。

 

 

早起きして朝ごはんをしっかり食べる

 

朝食

 

テストは頭だけでなく、体力を使います。

 

朝ごはんをしっかり食べて、テストに臨みましょう。

 

とくに脳の働きには糖が必要です。

 

糖は炭水化物(でんぷん)が分解されてできるので、
白ご飯を食べていくことをおススメします。

 

朝に白米は苦手という人は、もちろんパンでも大丈夫です。

 

試験に「勝つ」と縁起をかついで朝から「カツ」を作るお母さんもいますが、
朝から揚げ物はテスト中にモタレルので避けましょう。

 

テストが始まったら、さっと全体を見よう

 

テストは時間配分が大切です。

 

「はじめ」の合図で、すぐ解き始める必要はありません。

 

最初に全体の問題量を見て、大問の数を数えてみましょう。

 

大問が10個あったら、1問の目安は5分となります。

 

大問4までで20分などと、区切りをつけておくとよいでしょう。

 

テストが表と裏に分かれているときは、原則ハーフ・ハーフです。

 

わからない問題はとばして次へ

 

テスト中

 

テストは時間制限があります。

 

ですから、自分にとって難しい、時間がかかりそうと感じたら
いったんは飛ばして、次の問題に進みましょう。

 

とばすのは勇気がいりますが、大丈夫です。

 

あとで時間があれば、戻って考えればいいのです。

 

もちろん100点を目指せばいいのですが、
限られた時間で自分の力を出し切ることが大切です。

 

わかる問題から解くのは、テストを受けるときの鉄則の一つです。

 

時間内にすべての問題に目を通してください。

 

時間が足りなくて最後までいかなかった

 

中学校のテストに慣れていない中学1年生は
そんな失敗をしないように気をつけたいですね。

 

余った時間は全力で見直し

 

すべての問題が解けたら安心して
ぼーっとしている人もいます。

 

しかし、貴重な残り時間で見直しをしていきましょう。

 

とくに気をつけて見直しをしたい点をあげておきます。

 

  • つまらない計算ミスをしていない?
  • 記号で答えるところを言葉で答えてない?
  • 理由→「〜だから」など文末の呼応は大丈夫?
  • 漢字のとめ・はね・はらいはできている?
  • 英語で書くところを日本語で書いてない?

 

先生の「やめ」の声がかかるまで、
全力で見直しをしてください。

 

ケアレスミスをするとすごくもったいないです。

 

自分の努力したことを100%出すためにも
最後の1秒まで気を抜かずにいましょう。

 

学校のテストもマークシートになるかも?

 

マーク式

 

英検(英語検定)の一次試験はマークシートですね。
※3級以上は英作文が加わりました。

 

最近は高校入試にマークシートを導入する県も出てきました。

 

そのうち中学校のテストもマークシートが導入されるかもしれません。

 

もしマークシートのテストだったら、
解答の「ズレ」に気をつけなければいけません。

 

一つズレてしまうと、次々ズレてしまいます。

 

以上、テスト当日のアドバイスでした。

 

では、明日のテスト頑張ってください!

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ