小学校と中学校の社会の違いはこれ

小学生の学習のことは忘れよう

 

小学校の社会の授業と言えば、
調べ学習やグループ学習が多くなっています。

 

個々や班ごとに調べたことをまとめ、
自分たちで発表して聞いてもらうという授業です。

 

 

これはこれで「社会に興味をもって自分で調べる」ことは
学習目標としてOKで、立派なことです。

 

しかし、この学習に慣れてしまうと、
中学のテストでは点数が取れるようになりません。

 

なぜだかわかりますか?

 

「調べる・まとめる・発表する」というテストは、中学校にはないからです。

 

知っていると思いますが、中学のテストは、2ヶ月〜3ヶ月に1度あります。

 

歴史・地理の教科書の30ページ〜50ページ以上がテスト範囲。

 

教科書に出ている用語を答えたり、文章で説明させる問題が出ます。

 

ノートまとめはテスト勉強の効率が悪くなる

 

テストに向けて教科書50ページをノートまとめしているとしたら、

 

ものすごく時間がかかりませんか?

 

おそらく、ワークやプリントの問題を解いている時間が少なくなると思います。

 

次のテストでは、他の勉強に時間を使ったほうがいいです。

 

がんばってきれいにノートを書いても、残念ながら点数は上がらないからです。

 

ノートは必要ならば、最後にまとめるようにしましょう。

 

社会のテスト勉強で必要なのは、問題を解きながら暗記することです。

 

小学校のときは「調べ学習」や「まとめて発表」が大切だったかもしれませんが、

 

中学のテストで点を取りたいなら「まとめ」はあまり役に立ちません。

 

では、ノートまとめは無駄か?というと、そうではありません。

 

問題集を反復してもなかなか頭に入らないとき

 

頭の中で知識がうまく整理できないとき。

 

こんなときこそノートまとめをしてみましょう。

 

つまり、ワークやプリントの反復で暗記 → 覚えきれないときノートまとめの順番です。