成績は点数で判断できない?

 

 

高校入試の模試(模擬試験)を受けると、偏差値が出ます。

 

そもそも、なぜ偏差値が必要なのでしょうか?

 

点数だけで順位が決まれば、だれでもわかりやすいのに・・・。

 

 

偏差値が必要な理由=平均点が違うと、同じように比べられないから。

 

次のケースを考えてみましょう。

 

     あなたは数学で80点取りました。 平均点は55点でした。

 

     友達のAくんが英語80点で、あなたに自慢してきました。 英語の平均は70点でした。

 

 

あなたの数学とAくんの英語は同じ80点なのに、価値が違うと思いませんか?

 

平均が低いときの80点と、平均が高いときの80点では意味が違います。

 

数学の80= 平均 + 25点     英語の80= 平均 + 10点

 

このことから、数学の80の方が成績優秀といえます。

 

同じ80点なのに、基準が違うので価値が変わるわけですね。

偏差値とは?

学校のテストでは、科目によって平均点が異なることはよくあります。

 

また、2つの中学校の生徒の成績を比べるときは、

 

テストの問題も平均点も違っています。

 

 

テストの問題が違うと平均点も変わり、同じ基準で比べられません。

 

そこで平均からどれだけ離れた成績かを表す基準が必要となります。

 

そう、それが偏差値です。

 

そして、あなたが平均点と同じ点数を取れば、偏差値50です。

 

上の例でいうと

数学の80= 平均 + 25点 =偏差値62     英語の80= 平均 + 10点 = 偏差値53

 

このような感じで決まってきます。

 

※ 実際は度数分布(何点の人が何人いたかの分布)などの細かいデータによって決まってきます。

 

 

とりあえず高校受験生ならば、

 

平均点で偏差値50、自分の志望校の偏差値の2つは知っておきましょう。

 

なお、高校受験の偏差値をネットで調べると、サイトによってバラバラです。

 

適当な数字が並んでいる事もしばしば。

 

正確な数値は、中学校の進路指導の先生に聞くのが一番です。

 

受験勉強の時間へ

 

< 高校受験合格勉強法 >

 

合格

 

  • 受験勉強のやり方がわかります。
  •  

  • 計画の立て方がわかります。
  •  

  • おススメ問題集がわかります。
  •  

  • やる気の出し方がわかります。
  •  

  • 面接・作文の練習法もわかります。

 

  無料で読めるサンプルもあります。

 

高校受験勉強