中学1年冬休み

2学期の復習をしよう

冬休み

 

中学1年の夏休みから冬休みまでは、

 

学習内容が急に難しくなる時期です。

 

また、学校の授業もスピードアップしたと思います。

 

点数ががっくり落ちた1年生の多いでしょう。

 

冬休みに効率よく復習するには、

 

どんな過ごし方をすればいいでしょうか?

 

学校ワークをもう一度復習しよう

 

中学生ワーク

 

冬休みは、わからなくなった学習分野を復習しておきます。

 

欲張ってあれもこれも手を付けず、

 

学校のワークや教科書で復習するのがよいでしょう。

 

中学1年生がつまづきやすい単元をあげておきます。

 

 

数学・・・方程式文章問題・比例反比例

 

理科・・・気体の性質・溶解度

 

国語・・・古文の読み

 

英語・・・3人称単数現在・人称代名詞・

 

社会・・・地理ならアメリカ・オセアニア 歴史なら平安・鎌倉

 

 

成績が下がったからといって、市販の問題集を買うのはやめましょう。

 

学校の宿題(ウィンターワーク)も出るので、消化不良になります。

 

中途半端になると何も身に付かないばかりか、自信もなくします。

 

学校の教科書ワークの解き直しを優先してください

 

中学校が採用しているものは、

 

基本からしっかり学べる教材なので、良いです。

 

まずは、テストの答案を振り返って、

 

自分のできていない分野を見つけます。

 

できていない分野は、基本問題からもう一度取り組みましょう。

 

とくに数学や英語は積み重ねの科目なので、

 

わからないことを残すと、2年生の内容もわからなくなります。

 

冬休み中の勉強計画を立てよう

 

  • 比例は大丈夫だけど、反比例がわからない・・・
  •  

  • 気体の性質が覚えきれていない・・
  •  

  • 北アメリカの農業が苦手・・・

 

このように課題が出てきたら、勉強計画を立てましょう。

 

中学生の勉強計画の立て方

 

1年生はお正月はたくさん遊びたいでしょうから、

 

大晦日、元旦、2日くらいはお休みでもいいと思います。

 

計画はやることを具体的に決める

 

チェックリスト

 

学習課題が出たら、具体的な解決計画を考えます。

 

「がんばる」「わかるようにする」などではなく、

 

どうやって勉強するかが大切です。

 

  • 反比例がわからない→ 教科書の問いをやり直してみる
  •  

  • 気体の性質が覚えきれていない→ 表にまとめてからワークをする
  •  

  • 北アメリカの農業が苦手→ 図にまとめてからワークを解く

 

ワークを解くなら、ワークのページも書いておきましょう。

 

具体的に決まっているほど実行に移しやすいからです。

 

中学校のワークが難しいと感じたら

 

学校のワークで復習したいけど、

 

ワークが難しくて進まない・・。

 

そんなときは、基礎問題集を購入してください。

 

最近は市販のものが充実しています。

 

中1理科

 

これは学研の「ひとつひとつ」シリーズです。

 

必要なら購入して復習しましょう。

 

簡単なので短期間ですぐにできます。

 

これをやってから、中学校のワークをしてください。

 

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法

 

page top