漢字には特徴があることを知ろう

漢字はこれから高校や大学へ進学したり、社会に出て働くためには想像以上に重要です。

 

漢字は表意(ひょうい)文字と言って、一つ一つに意味があります。

 

例えば、「さんずいへん」は「水」を表していますね?

 

(例) 河、湖、海、流、湯 など。

 

また、漢字の組み合わせで熟語の意味も推測できるのが特徴です。

 

 

漢字をたくさん知っていると、

 

初めての文章でもだいたいの意味がつかめるというわけです。

 

とくに小中学校で学ぶ漢字は、「大人の常識」といえます。

 

 

定期テストでは、テスト直前でもいいので、しっかりと漢字の読み書きを練習してマスターしておきましょう。

 

練習は、学校で配られた「漢字ノート」で十分です。

 

中間テストや期末テストでは、1問1点で20題=合計20点分ほど出ると思います。

 

満点を目指して練習しましょう。

 

中学生には漢字検定がおすすめ

 

 

漢字が得意になると、他の科目にもよい影響が出ます。

 

国語だけでなく、理科や社会の教科書を見てください。

 

熟語だらけですよね?

 

それらの熟語がわかる人とわからない人では、

 

学力として天と地ほどの差が生まれます。

 

一方は、教科書内容の理解がスムーズになり、

 

他方は、教科書を読んでも自力で理解できないからです。

 

 

そこで、漢字検定の受検をおすすめします。

 

目安としては、中1=5級、中2=4級、中3=3級(中学卒業程度)と考えてください。

 

漢字が苦手な人は、一つ下の級から受検しても大丈夫です。

 

 

漢字検定を受けるメリットは2つ。

 

一つは漢字や熟語がわかることによって、他の教科の理解もすすむこと。

 

もう一つは、3級に合格すると内申書に記載されやすいこと。

 

(自分の中学校の先生に確かめてください。)

 

 

中学校3年間で3級合格はしたいところ。

 

得意な人は準2級の合格を目指しましょう。

 

中学校で申し込み・受検できる場合も増えています。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法