テスト前にノートまとめはしない!

きれいなノート

 

中間や期末テストの前に要点まとめノートを書いていませんか?

 

塾の先生としては、テスト前のノートまとめをおすすめしません。

 

たしかに、大事なところをノートに書くのは悪くありません。

 

でも、試験前にやるべきことではないのです。

 

試験前の貴重な時間にまとめを始めると、とても効率がわるいです。

 

ノートまとめは勉強の最後に

 

テスト前にノートまとめをするのは、とくに女の子が多いですね。

 

カラフルなペンで色分けをして要点をまとめます。

 

しかし、ノートまとめをきれいにやる子の成績はよくありません。

 

それではノートまとめが効果的でない2つの理由です。

 

学校の授業でまとめたから

 

授業

 

なぜ、テスト前にノートまとめをしないほうが良いのでしょうか?

 

1つは、すでに学校の授業でまとめたから。

 

まとめは、学校で先生が黒板に書きませんでしたか?

 

授業を聞き、すでに「まとめ」をノートに写したと思います。

 

その時点でまとめは終わっているはずです。

 

自分でまとめ直す必要はありません。

 

ノートまとめは点数アップにつながりにくいから

 

できた

 

2つめは、まとめただけなのに勉強した気分になるから。

 

本番のテストは、「理解して覚えているかどうか」が点に結びつきます。

 

まとめたら点数がもらえるわけではありません。

 

ノートをきれいに書くことはわるくありませんが、
それで勉強したような気分にならないようにしましょう。

 

ノートをまとめるのはかなり時間がかかると思います。

 

まとめより、理解したり覚えたりすることに多くの時間を使ってください。

 

具体的には

  • 問題をたくさん解いてみる。
  • 間違えた問題を解きなおす。
  • 公式を覚えて使えるようにする。
  • 用語の漢字を練習する。

このような勉強を優先させましょう。

 

どんなときにノートにまとめる?

 

ノートで勉強

 

テスト前は問題を解きまくる!ほうが身につきます。

 

ミスする問題や解き方を忘れていることが多いと思いますが、
問題を解きながら覚えるほうが、結局は近道です。

 

あまりわかっていない状態を50だとして、
65→75→80と100を目指すようにします。

 

ワークや問題集、プリントを繰り返し解いて、
できない問題を減らしていけば、自然に100に近づいていくはずです。

 

  • 問題集を解いて間違えたところをハッキリさせます。
  • (これをやっていないお子さんがなんと多いことか)
  • 間違えたところは解答、解説をよく読んで理解します。
  • 理解できない部分は「?」などのマークをつけておき、先生や友達に質問します。
  • 間違えた問題のみ、ノートにまとめたり、解き直したりします。

 

このサイクルを繰り返せば100%に近づきます。。

 

問題を繰り返して解いているが、なかなか頭が整理できない・・・・

 

このようなときは最後の手段として
覚えようとする部分だけをノートに書いてまとめてみましょう。

 

正しい手順で勉強すれば、成績は上がります!

 

私がまとめたテスト勉強法です。

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法