中学3年の夏!これだけは!

 

1カ月半ある夏休み。

 

志望高校合格へスタートを切りたいですね。

 

この夏休みは何を重点的に勉強すればよいでしょうか。

 

1、「夏を制する者が受験を制する」は本当。

 

夏期講習のチラシで「この夏が受験で一番大事」のうたい文句を
見かけるかと思います。

 

宣伝として「煽っているだけ」という印象を持つかもしれませんが、
高校受験にとって夏休みは本当に非常に重要です。

 

なぜでしょうか?

 

理由1:じっくり基礎に時間をかけられるのは夏だけだから。

 

たいていの保護者の方は、中3の夏期講習は
これまでの子どもの成績に「+アルファ」をする機会と考えています。

 

しかし、中1や中2で習得した知識や技術はほとんど忘れている
考えてください。

 

中1だから簡単だとは限りません。

 

理科の圧力や水溶液、社会の世界地理や鎌倉室町時代を
しっかり理解、整理して覚えられている子はほとんどいません。

 

ですから、中1の内容から2年生の終わりまでの範囲を
もう一度基礎から復習する必要があります。

 

そして基礎からじっくり復習できるのが夏休みだけです。

 

もし夏休みをなんとなく過ごして復習もしなければ、
基礎がないままで、秋以降も伸びるはずもありません。

 

理由2:長時間勉強する気力、体力を養えるから。

 

中1、中2のお子さんはその限りではありませんが、
中3のお子さんは夏期講習に参加することをオススメします。

 

それも、できるだけ長時間勉強できるところがよいでしょう。

 

夏休みは1日8時間以上は勉強したいです。

 

8時間は長いと感じるかもしれませんが、
1日の三分の一でしかありません。

 

8時間睡眠をとっても、あと8時間も自由時間があります。

 

ただ、お子さんの意志だけで実行するのは困難ですので、
強制力に手伝ってもらう方がよいでしょう。

 

6時間は塾で、あと2時間は家庭学習という割合でもOKです。

 

私の塾でも午前9時から昼食をはさんで夕方4時30分まで
1日6時間半勉強します。

 

生徒たちは最初はつらそうですが、3日も経てば慣れて、
元気になってくるくらいです。

 

やれば8時間できますし、それが自信になります。

 

いわば「勉強体力」がついて、秋以降の気力も維持できます。

 

もちろん、それだけやれば学力もついてきます。

 

2、中学3年生が、この夏にやっておきたいこと

 

上記のように、中3のお子さんはこの夏休みに
基礎をがっちりと固めておきたいです。

 

そして、秋からは入試問題の演習など実践練習、
模擬試験の受検などを行っていきます。

 

事情で夏期講習に行かせられないようでしたら、
図書館を利用するなどして8時間を目指してください。

 

夏休みに塾へ行かずに家庭で勉強するなら

 

市販問題集では「くもんの基礎固め100%」がオススメです。

 

suugaku

 

基礎からもう一度しっかり反復練習ができます。

 

スモールステップは、くもん最大の長所ですね。

 

どんどん書き込んで消化していきましょう。

 

9月になれば学校が始まって、新しいことを習います。

 

中学校に「受験勉強の授業」はありません。

 

ぜひ、この夏を最大限に活用してください。

 

夏を制する者は高校受験を制します!

 

< 高校受験合格勉強法 >

 

合格

 

  • 受験勉強のやり方がわかります。
  •  

  • 計画の立て方がわかります。
  •  

  • おススメ問題集がわかります。
  •  

  • やる気の出し方がわかります。
  •  

  • 面接・作文の練習法もわかります。

 

  無料で読めるサンプルもあります。

 

高校受験勉強