反抗期対処法

反抗の原因を知って対応法も変える

お子さんが反抗するときの多くは、心のバランスが崩れ

 

1、自己肯定よりも自己否定が大きくなり苦しんでいるとき。

 

または、2、自立欲求が強いときです。

 

表面的には、「うるさいな」「お父さん嫌い」「ほっといて」などの言葉が出るかもしれませんが、

 

それは自己否定が大きくなっているか、自立しようとしていることのサインです。

 

お子さんから「うるさいな」と言われてしまうと、「うるさかったかな・・」と反省してしまう方がいらっしゃいます。

 

しばらくしてまた思いついたように小言を言ってしまい「ほっといて!」と突き放されてしまいます。

 

このような表面的な対応は、平行線をたどるだけです。

 

「勉強しなさい」と言っても全然しないのと同じですね(笑)。

 

 

子供が反抗する原因はもっと根本的なところにあります。

 

大人は子供を変えることはできません。

 

子供は自分で変わるのです。

 

大人は、子供が自分で変われるよう働きかけましょう。

 

つまり、保護者の方は日ごろからお子さんの自己否定よりも

 

自己肯定の気持ちを育てることが大切になってきます。

 

さらに、お子さんが自立しようとする心をうまく受け止めて、反抗という負のエネルギーではなく、

 

大人への成長というプラスのエネルギーに転換させる必要があります。

 

一番マズイのは、「どうでもいい!勝手にしろ!」と子供を放任してしまうことです。

 

 

< 反抗期の対応 >

  • 自己否定の気持ちを小さくさせる。
  •  

  • 自己肯定の気持ちを大きくさせる。
  •  

  • 自立心を認める。

 

これらを順に見ていきましょう。

自信をもたせ、自立を手伝う

<自己肯定を大きく、自己否定を小さく>

 

これは一言でいうなら、子供に自信を持たせるということです。

 

 

日本人は、自分の子供のよいところを知っていても褒めません。

 

褒めるのが照れくさいのか、何と褒めていいのか分からないのかもしれません。

 

独特の「謙虚さ」を美徳として

 

自信満々であることが良くないことだと教育されてきたことも理由のひとつでしょう。

 

他人に対しても「うちの子、すばらしい!」と言う人はいませんし、

 

統計によると、小学生、中学生は、親が自分を褒めることが少ないと感じています。

 

こどもに自信を持たせるように声かけしてあげましょう。

 

「あなたはできるよ」

 

「きっと大丈夫よ」

 

「あなたを誇りに思うよ」

 

「素晴らしい人間だ」

 

「お前のおかげで幸せだ」

 

恥ずかしさ、照れくささがあるかもしれませんが、

 

親が言ってあげなくて、誰が言ってあげるというのでしょう。

 

 

<自立心を認める>

 

小学生や中学生になると、自分の事は自分で決めたいと思います。

 

しかし何でも自分一人ではできないので、ムシャクシャしているのです。

 

 

子供にできるだけ多くの「自分で考えて決める機会」を与えるようにしましょう。

 

自分で考えて決めるということは、自己責任がともないます。

 

そして、それ以上に

 

自分で決めたことをやり遂げたときは、ものすごく達成感があります。

 

もちろん、ご家庭の事情があって、何でも子供に決めさせることができない場合もあるでしょう。

 

また、子供が好きなように勝手気ままに「放任させる」という意味ではありません。

 

少しずつ大人への階段を昇らせ、「自由と責任」を教えることですね。

 

人生の先輩として、反抗しているお子さんに接してあげましょう。

反抗期の対応関連ページ

自分から勉強する子に育てる
親が何も言わなくても、子どもが自分で机に向かって勉強してくれたらいいですよね。いつも「勉強しなさい」ばかり言ってしまう保護者の方へ。
きれいなノートを書かせたい
中学生の子どもの授業ノートを見ると、汚く書いてあるので心配になる。成績も悪いのでちゃんと理解できているのか不安なとき。
夏休みにダラダラ過ごしてイライラ
小学生、中学生の夏休みに、部活動もあまりないので家でダラダラ、ごろごろ過ごしている。けじめのある生活をしてほしいけれど・・
中1ギャップの対応は?
中1ギャップとは?中学1年生になると交流のない小学校からの子どもといっしょに勉強します。また、部活動では先輩後輩の関係が生じます。もちろん、勉強が難しくなることもあり、学校になじめなくなること。
こどもの褒め方
小学生や中学生のこどもの褒め方を例といっしょに紹介しています。
中学生の学習習慣
家に帰ってもなかなか勉強できない中学生は多いと思います。毎日の勉強をどうすればいいのか、習慣作りの方法を紹介します。
こどものやる気の出させ方
やる気がない子で困っている保護者の方は少なくないようです。どうすれば子供のやる気がでるのでしょうか。
反抗期とは?
進研ゼミ中学講座評価
進研ゼミ中学講座の個人的な評価です。中学生の内容はどうでしょうか。勉強すれば成績が上がるでしょうか。
失敗しない塾選び
成績が下がってきたので塾を探しているが、どこが良いかわからない。失敗しない中学生の塾選びのコツは?
塾で成績が上がらないときは?
せっかく塾に通わせているのに成績が上がらない・・ 月謝を払って送り迎えをしている親としては、「このまま続けても意味がないのではないか」と心配になることでしょう。学習塾で成績が上がるには?
中学生の夏期講習の塾選び
夏期講習はどんな塾に行けばいいのか、夏休みの塾の選び方アドバイス。
成績があがらない子の特徴その1
塾へ行ったり、家庭教師の先生に教えてもらったり、進研ゼミも悪くありませんが、その前に成績が上がるための前提を確認してください。
自分で考える、行動するこどもに育てるには?
問題にぶつかったら、自分で何も考えない、解決しようとしない、工夫もしないという子供が増えました。自分で考えて行動するには、親はどのような声かけをするべきでしょうか?
勉強しない子、したがらない子には?
中学生で勉強しない子、したがらない子にはどう対処すればいいのでしょうか?褒める?叱る?いろいろな方法がありますが、効果的な方法は?
勉強を始めないこどもはどうすればいい?
中学生でテスト前なのに勉強を始めようとしない!叱っても褒めてもなだめてもすかしても面倒くさがり。どうすれば勉強するの?
わからないところがわからない!
テスト勉強で困るのが「何がわからないか分からない」と中学生のこどもが言い出すこと。質問や疑問なら解決手段はありますが、「全然わからない」などとこどもが言ったら、どうすればいいのか?
勉強の要領がわるい!要領よい勉強法は?
勉強をパパっとやって、部活動や友達と遊ぶことにも一生懸命になりたい。これって、どんな中学生でも望むことです。要領のよい勉強法、効率よき勉強の仕方とは?
パソコン・インターネットばかりで勉強しない。どうする?
家にうるときはパソコンでメール、インターネットばかりして勉強しない中学生の息子。一度始めると時間が長く、中毒症状。何と声かけすればいいやら。悩みと対策、解決法は?
スマホばかりで勉強しない!
中学生のこどもにスマホを買い与えたら、全然勉強しなくて困った・・。そんなときはどうすればいいのか?ルール作りと対処法は?
やる気スイッチの入れ方は?
学習塾のテレビCMで話題「やる気スイッチ」。いったいどうすればこどもが勉強するのでしょうか?「勉強しなさい」だけでは勉強しない・・のはご存知のとおり!中学生にやる気を出させる方法。
テストで緊張してしまう子へ
勉強はしているけれど、テストになると緊張して実力を出すことができない・・。緊張症で力を発揮できない子へアドバイス。
高校入試で不合格になった子の接し方
一生懸命に努力してのぞんだ高校入試。しかし受験は失敗に終わり、残念ながら不合格。悲しむ子どもに声をかけてあげるとすれば?どう励ますのか?
テストで平均以下の成績。どうしたらいい?
中学校の定期テストや実力テストで点数が平均に届かない。塾に行かせるお金もないので、家で勉強をさせたい。平均以上になるために何か良い方法を教えて欲しい。
友達と遊んでばかりで勉強しない!
中学生は友達と遊ぶのが大好きです。とくに部活動の友達とは仲が良く、休日に一緒にいることでしょう。それは健康的なことですが、勉強もしっかりしてほしいところ。遊びに夢中で勉強しない子には?

成績が悪い理由 成績が上がる勉強法 勉強法マニュアル サイトマップ