中学最初のテスト勉強方法

学校生活

 

中学生になって2か月くらいです。

 

新しい生活に慣れて頃でしょうか?

 

部活動もスタートし、忙しくなってきた
5月の半ばから後半に最初の中間テストがあります。

 

小学校のテストとは全然違うので注意してください。

 

中学のテスト勉強の仕方とアドバイスを紹介します。

 

最初のテストの成績ですべて決まる!?

 

困った

  • 授業についていけてるだろうか?
  • ちゃんと勉強できるだろうか?
  • やり方はこれでいいのだろうか?
  • 問題集は買った方がいいのかな?
  • テスト問題は難しいかな?
  • 塾へ行くべきかな?

 

いろいろな悩みがあるかと思います。

 

お子さんも緊張しているかと思います。

 

実は、中学1年の最初のテストが一番大事と知っていましたか?

 

なぜなら、中学の最初のテストで成績が良ければ、
「けっこうできた!中学でも頑張ろう!」と思えます。

 

逆に最初があまり良くないと、
「成績悪い・・お先真っ暗だ・・・」と自信を失うからです。

 

つまりお子さんは最初のテスト結果で、
自分の学力レベルを決めてしまうのです。

 

1学期中間テストは「ぼくは勉強できる!」と思うか、
「ぼくはバカだ・・」と思うかの分かれ道です。

 

ちなみに、中学での良い成績とは400点以上(500点満点)を指すと考えてください。

 

今後のテストでも400点以上を取り続けることが出来たら、
クラスの上位で偏差値57〜60くらいと考えていいでしょう。

 

小学生のときは80点以上が当たりまえですが、
中学生の80点は「勉強できる」という目安です。

 

具体的なテスト勉強法

 

家で勉強

 

お子さんの中学生活を決めるほど大事な初めてのテスト。

 

家庭でできる勉強のやり方を紹介しますので、参考になさってください。

 

いつから始める?

 

中間テストの勉強は2週間前から始めたいです。

 

部活動が休みになる「テスト期間」は
テスト5日前くらいからですが、その前からスタートしましょう。

 

少しずつでも早めに始めて
「間に合わなかった」ということのないようにします。

 

数学

 

最初のテストは「正負の数」の計算がメインになります。

 

+−の意味や計算ですね。

 

カンタンな単元なので理解はできると思いますが、
分数や小数の計算でのつまずきに注意です。

 

小学校の分数の通分や小数の掛け算・割り算が苦手だった子は、
市販されているくもんのドリルなどを使って復習をしておきましょう。

 

学校のワークやプリントを一通りやって、
間違えた問題は間違い直しノートに解きなおします。

 

間違え直しをきちんとやる子は、成績が安定します。

 

英語

 

アルファベットと単語の意味・スペルを覚えていきましょう。

 

最初のあいさつ文、Nice to meet you. などは丸暗記です。

 

教科書本文を何度も音読するのは言語学習の鉄則ですが、
とくに中1の教科書は暗記・暗唱するのがベストです。

 

慣れるまで暗唱も難しく感じるかもしれませんが、
何度も挑戦すれば必ずできるようになります。

 

暗唱の利点は、英語の語順やリズムが身につくことのほかに、
英語に自信が持てるようになることです。

 

国語

 

英語と同じく、音読が基本です。

 

教科書を読みもしないでテストを受けてしまう子がいて驚きます。

 

学校の授業ノートを見直しながら、テスト範囲を通読しましょう。

 

漢字専用のワークがありますから、後回しにしないようにコツコツと。

 

ワークで問題を解きながら、本文中の正解を探す練習をしてください。

 

ア〜エの中から選ぶ記号問題でも、
なぜそうなるか?」を本文中から探して選ぶようにします。

 

答え合わせの時に解説をよく読んで、答えの根拠をおさえましょう。

 

理科・社会

 

1年生の最初の理科は植物、社会は地理分野だろうと思います。

 

暗記中心の分野なので、ワークを何度も繰り返して覚えていきましょう。

 

用語は意味が分からないと覚えにくいので、
必要ならば用語集や参考書も購入しておきます。

 

社会用語集

 

おススメは旺文社の用語集です。

 

最近は記述式問題(理由などを文章で答えさせる問題)も多く出ます。

 

ワークに出てきた記述問題は、自分の言葉で書けるようにしておきたいです。

 

記述問題の勉強法はこちら

 

1日の勉強時間は?

 

時計

 

テスト前は部活動もお休みになるので、
平日3時間、土日6時間は頑張りたいですね。

 

小学生では6時間も勉強をしたことがないと思いますが、
午前2時間、昼2時間、夜2時間なら大変ではありません。

 

中学2年生なら土日8時間、受験生は10時間を目標にします。

 

1年生のうちに長時間勉強をする「勉強体力」をつけていきたいです。

 

お父さん、お母さんはお子さんが
集中できる環境を用意してあげてください。

 

 

この記事を書いた私がまとめた勉強法

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法