過去問で手っ取り早く点数を取れる?

学校や塾での過去問の扱いが変化している

 

教科書が改訂となったので、ゆとり教育が終わったと言っていいでしょう。

 

教科書で学ぶ内容が多くなったので、授業のスピードも上がり、
1学期や前期の最初から苦戦を強いられた中学生の話を耳にします。

 

それで、塾を探し始めるかあるいは自宅学習の方法を考えるわけですが、

 

手っとり早く「テストの過去問」を探して、やろうとする人もいます。

 

同じ問題が出てくれることを願っているのか、純粋に力試しをしたいのか、
それは分かりません。

 

しかし、現在、学校のテスト過去問に手を出すのはNGです。

 

理由は2つあります。

 

中学校で作ったものも著作権がある

 

ネット上で中間テストや期末テストの過去問を探している人がけっこう多いようです。

 

しかし、本来は学校のものであるテストを
許可なくネット上に公開するのはどうなんでしょうか?

 

現在は、学校のテストも著作物として扱われ始めています。

 

ですから、今後それらをそのままコピーして配布したり
ネット上に公開するのは法に触れる可能性がでてくると思います。

 

では、学校の先生は教科書の図版(著作権があるもの)を使っていいかというと、
これは許可されているので大丈夫です。

 

教科書が変わって、先生裁量が増えているテスト作成

 

実は、テストの過去問を探しても意味がない理由がもう一つあります。

 

教科書が難しく変わったことです。

 

指導要領の変更で、中学生の学習内容は増えました。

 

増えたので、ゆとりまでの中学生が習っていないことを
今の中学生は学ぶことになります。

 

つまり、過去のテストに出ていない事が今は出るわけです。

 

また、テスト作成は各中学校の先生が独自に行うので、
範囲やし学習順は各中学校にまかされています。

 

とくに理科や社会は中学によって習っている範囲がバラバラです。

 

ですから、去年のテスト範囲と今年のテスト範囲がまったく違うこともあります。

 

やっぱり努力して実力をつけるしかない

 

とにかくも、手っ取り早く点数だけ取りたいというは、

 

考え方が安易すぎますし、いずれボロが出ます。

 

成績の良い子はズルしているわけでも、魔法を使っているわけでもありません。

 

間違いなく多くの努力をしています。

 

●●塾に通っているから・・・

 

△△の家庭教師がいいから・・・

 

このような理由で成績が良いわけでもありません。

 

まして、過去問をやっているからではありません。

 

成績は、本人が効果がある方法で、しっかり努力をしているかどうかで決まります。

 

勉強のやり方がわかって成績が上がった!

 

240点→407点

 

成績が上がるテスト勉強法マニュアル!

 

マニュアル

 

※無料で読めるサンプルあります。
成績が上がる勉強法