中学社会勉強法

中学生の社会のテストで点数が上がる勉強法

社会が不得意な中学生は、
最初に何を勉強すればいいでしょうか。

 

社会の半分は覚えることなので、
教科書の太字の用語を暗記したいですね。

 

覚えるためにはワークの反復練習が必要です。

 

反復のやり方は以下を参考にしてください。

 

  1. 教科書を見ながらでも1回する
  2. 答をかくして何も見ずに2回目
  3. 2回目で覚えていないところを3回目

 

3回繰り返せば、7割ほど覚えられます。

 

基本用語が暗記できたら、
資料問題や記述問題を攻略したいですね。

 

教科書をすみずみまで読み、
何の表す資料か確認しましょう。

 

利用に関連する用語も確認するといいです。

 

資料や記述ができれば80点以上を狙えます。

 

下のトピックも参考にしてください。

 

やり方がわかれば成績は上がる!

 

成績が上がる勉強法ガイドブック

 

240点→407点にアップ!

 

全国1000名以上が志望校合格!

 

 

 

 

中学生の社会勉強法を知れば、成績が上がる!記事一覧

中学社会の記述問題や資料読み取り問題の勉強法を紹介ます。中学校の最近のテストは「記述」や「資料読み取り」が増えましたね。昔の社会はただの暗記テストだったのですが、今の社会科は思考と表現の教科に変わりつつあります。社会記述と資料問題の3つの勉強法を紹介します。社会と同じく理科も教科書の用語を覚えているだけでなく、実験結果を読み取ったり、言葉で説明する問題が増えました。理科の記述対策はこちら教科書とワ...

中学生の公民の勉強法を紹介します。中3生で公民が苦手な人が多いですね。歴史や地理に比べれば、公民は「生きた知識」です。例えば、お小遣いで買い物をしたら消費税を払っていますね?高校3年生(18歳)になったら選挙に参加します。20歳からは国民年金保険料を支払います。将来の自分の生活に直接に関係があるし、必ず知っておきたいことばかりです。逆に知らないと損することもあります。公民で学ぶ知識をたくさん蓄えて...

「うちの子、暗記が苦手で・・」とのご相談をいただきました。社会の用語に限らず、英単語や国語の漢字も暗記が必要なことです。中学生は覚えることがけっこうありますね。暗記が苦手で困っている中学生が多いので、用語などの暗記法を紹介したいと思います。知識はすでに役立っている中学校の教科書を読んでこんなの覚えて将来役立つの?と暗記することに疑問をもつ中学生は多いと思います。学校で習った知識が直接的に役立つこと...

page top