中学生の国語のテストで成績が上がる勉強法

 

 

国語

 

さあ、中間テスト2週間前!

 

国語のテスト勉強は何をしますか?

 

  • 数学・英語が大事だから、国語は後まわし。
  • やってもわからないから、勉強しない。
  • 頑張っても上がらないので、少しだけ。

このように考えて、あまり勉強しない中学生が多いと思います。

 

しかし、国語も勉強すれば点数が取れるようになります。

 

 

1、教科書ガイドを読む

 

国語ガイド

 

国語の勉強が難しく感じるのは、
何をすればよいかわからないからです。

 

社会のように暗記中心ではないし、
数学や理科のように公式を使うわけでもありません。

 

何が大事なのか?何を覚えればいいか?わかりません。

 

そこで、教科書の要点を理解するのに教科書ガイドを使いましょう!

 

教科書ガイドには、その範囲の要点や大切なことがまとめてあります。

 

また、語句の意味やポイントも書いてあります。

 

テスト勉強をするのに役立つので、ぜひ買ってもらってください。

 

2、学校の授業ノートを見直す

 

授業ノート

 

教科書ガイドに目を通したら、
次に学校の授業のノートを読み直しましょう。

 

中学校の先生が黒板に書いたことも要点だからです。

 

読み直して大事なポイントを理解しておきましょう。

 

教科書をもう一度読む

 

ガイドと授業ノートで要点がわかってきたら、
要点を確認するうえで教科書のテスト範囲を読み直します。

 

テスト範囲を通読することで、内容を確認できます。

 

国語の教科書を読まずにテストを受ける人がいますが、
どんな教科も教科書を読むことは大切です。

 

できれば小さな声で音読することをおススメします。

 

3、ワークの解答解説を読む

 

教科書ワーク

 

要点がわかって教科書を読んだら、
いよいよワークの練習問題を解きましょう。

 

画像は市販のものですが、学校のワークで大丈夫です。

 

練習問題を解いたら、答え合わせが大切です。

 

答え合わせでは解答解説をじっくり読みましょう。

 

解説には「なぜそれが正解なのか?」が書いてあるからです。

 

国語も正解には必ず根拠があります。

 

解説を読んで正解に納得することが大切です。

 

次のテスト勉強では、解説をじっくり読んでくださいね。

 

読解問題のくわしい解き方はこちら

 

4、暗記ものを繰り返す

 

漢字

 

国語のテストで必ず得点したいのが、
漢字や語句などの暗記分野です。

 

漢字は意味を理解したうえで、
ドリル練習をするほかないです。

 

あと回しにしないように、
スキマ時間にコツコツ進めておくのがいいでしょう。

 

テスト前日にあわてて漢字ドリルをやることのないようにしたいです。

 

前日はワークの繰り返しをしたいですよね?

 

以上、中間期末テストの国語勉強法アドバイスでした。

 

次のテスト勉強ではぜひやってみてください!

 

勉強はやり方がとても大切

 

勉強のやり方がよくない・・

 

勉強しているのに、成績がわるい

 

塾に行っても、上がらない・・

 

このように悩んでいる親子がとても多いので、

 

塾で実践している成績が上がるやり方を冊子にまとめました。

 

 

240点→407点!

 

《 成績が上がる勉強法マニュアル 》

 

成績が上がる勉強法

高校に合格したみなさん

 

 

 

作者安村知倫

安村知倫

小学生で中学校教師を志す。海外で働くことが夢となり企業に就職するも、倒産して帰省。
アルバイトの家庭教師で担当した生徒の数学が49点から80点に上がった喜びから幼少の希望を思い出し、進学塾の講師になる。数年後に独立し、指導歴20年の現役進学塾経営者。上記教材も好評で、成績が上がる勉強法を全国の親子に広めて喜んでもらうことをミッション(使命)としている。

 

伸ばす親 叱らない習慣

 

著書『子どもを伸ばす親・伸ばさない親の習慣』『子どもを伸ばす親はなぜ叱らないのか』(明日香出版)

 

 

成績アップのコツ

 

中学生の勉強法トップページへ

 

国語のおススメ問題集はこちら

 

高校受験の国語勉強法はこちら

 

課題作文・小論文の書き方はこちら

 

漢字検定の勉強法はこちら

中学生国語の勉強法記事一覧

国語の文章問題は苦手な人が多いですね。塾で中学生教えていて気が付いた文章問題が苦手な理由は2つあります。1、ほかの教科に比べて勉強していない。2、勉強の仕方(コツ)がわからない。中学生なら、数学や英語をたくさん勉強しますよね?それに比べて、国語はワークと漢字で終わりの子が多いです。さらに読解問題の勉強方法も知らないので、何を勉強していいかわからないのです。勉強法を知らない→勉強しない→点数が取れな...

漢字はこれから高校や大学へ進学したり、社会に出て働くためには想像以上に重要です。たくさん知っていればいるほど役に立ちますよ。逆に、漢字を知らないと他の教科でも苦労しますし大人になってからも不便になることが多いです。漢字練習はちょっと面倒でしょうが、効率よく覚えるコツを紹介しますね。ほかの教科の成績アップにも役立つ漢字の意味を知っていることは、他の教科の勉強にも役立ちます。例えば、理科や社会の用語で...

中学生の古文は少しコツをつかめば難しくありません。教科書に出てくる文章も決まっています。竹取物語枕草子平家物語おくの細道万葉集古今和歌集新古今和歌集しかし、何をどう勉強してよいかわからないかもしれません。古文の勉強のやり方について紹介します。声に出して読もう古文が苦手ならまず音読をしっかりしましょう。英語と同じで、内容理解の前にスラスラ読めることが大切です。読むときの基本ははひふへほ→わいうえおで...

国語は5科目の基本と言われますが、語彙力は勉強の基本と言った方がいいでしょう。言葉をたくさん知らない子は、勉強ができません。たくさん言葉を知っている=成績も良いと考えてください。ここでは中学生の語彙力をつける本の紹介と言葉を増やす他の方法を紹介します。おススメは「語彙力アップ1000語」おススメは「中学生のための 語彙力アップ 厳選1000語」です。中学生に必要十分な1000語が厳選されています。...

漢文は古文の勉強と似ています。古文の勉強法はこちらやり方さえわかれば、それほど難しくはありません。漢文の勉強法を紹介します。スラスラ読めるようになろうまずは、書き下し文をスラスラ読めるようにしましょう。一つの漢文を5回以上読めば、だれでも上達していきます。最初はつまりながらでもいいです。慣れてくると漢文のリズムを味わうこともできて、おもしろいです。ただし、読まない漢字があるので気をつけましょう。<...

国語はどうしたら成績がよくなるのだろう?このように悩んでいる方がとても多いです。本を読めばいい? 辞書調べ? 日記を付ける?たしかに国語は何をすれば点数が取れるかはっきりしていません。なぜなら国語で良い点を取るには、多くの学力が必要だからです。国語の成績アップに必要な力1、言葉をたくさん知っている語彙力2、文章を読んで正しく理解する(読解力)3、自分の考えなどを表現する(表現力)4、漢字や国文法な...

 国語は何を勉強すればいいかわからない。 ワークをしても点数が取れない。 漢字練習しかしていない。国語は何をしていいかわからない中学生のための勉強法を紹介ます。定期テストで10点〜40点の中学生は参考にしてください。国語も勉強すれば上がるから、平均点を目指そう!50点〜60点でもっと国語を伸ばしたい人の勉強法はこちら教科書の文の意味を理解しよう中間・期末テストは教科書からの出題です。だから、最初は...