勉強しない中学生と反抗期

中学生の反抗期、勉強しないときのアドバイス

勉強しない・反抗期の対応法

 

反抗期・勉強しない子対応ガイドブック

チャイルドコーチングのプロが教える反抗期の対処法

反抗期対応

 

 

 

親子で読んで勉強を始めよう!

 

成績が上がる勉強法ガイドブック

 

240点→407点にアップ!

 

全国1000名以上が志望校合格!

 

 

 

 

勉強しない中学生の子・反抗期の対応法記事一覧

塾に体験学習に来る子どもたちがいます。授業を体験して、塾に入るかどうか決めてもらいます。同時に、こちらも彼らがどのような姿勢で学習するか、ちゃんと続けていけそうかを見極める機会でもあります。4回ほどの体験で、彼らが今後「伸びそうか・伸びないか」もわかります。塾に通っても通わなくても、成績が伸びてる生徒はどんな生徒でしょうか?1、考えて行動、発言ができる。多少は性格も関係するでしょうが、体験学習に来...

勉強にスポーツ、趣味にと充実した夏休みにしてほしい!これはすべての保護者の願いかと思います。では、どうすれば子どもも親も充実した夏休みにできるでしょうか?良い夏休みにする3つのヒントを紹介します。勉強は涼しい時間帯に夏休みがダラダラになってしまう原因の一つに勉強する時間を決めていないことがあります。お父さんは仕事、お母さんはパートに出ているなら子どもの勉強を管理する人がいなくなります。クーラーをつ...

小学生のうちは元気な子だったのに、中学校に入ってしばらくすると、様子がおかしい。GW明けの5月や、最初のテストが終わった6月、お子さんは中1ギャップで悩んでいるのかもしれません。中1ギャップの定義ははっきりしていませんが、小学生から中学生になってしばらくすると、友人関係、勉強面、部活動において、中学校の活動についていくのが難しくなることです。ここでは中1ギャップの原因と解消法を紹介します。1、新し...

子どもの上手な褒め方を紹介します。塾で教えていてハッキリわかるのは、やっぱり子どもは褒められると嬉しいということ。叱ってばかりでは親子の信頼関係がくずれ、子どもから「ウザイ」としか思われません。どうやって褒めればいいのか、いくつかの例で紹介します。ぜひ参考にしてください!テストの成績が上がった!お子さんがテストで80点をとったら、「頑張ったね!」「すごいな!」と言いますよね。ここまではよいのですが...

中学生の親なら、自分で勉強する子に育てたいですよね?「勉強しなさい!」と言わなくても自分で勉強してくれるのが理想でしょう。でも、子どもはなかなか自分で勉強しようとしません。勉強より楽しいことがいっぱいありますもんね?それでも、自分で勉強している子もいます。子どもが勉強する習慣をつける3つのコツを紹介します。スマホ・テレビ・ゲームは大敵帰宅したらすぐスマホを見る、またはパソコンの電源を入れてネット。...

お子さんの反抗期で悩んでいますか?小学校高学年から中学3年間で反抗期がある場合が多いです。学習塾でたくさんの中学生の親子と接した経験から、反抗期とはどんな心理なのかお伝えします。反抗は自己否定の気持ち『自己肯定感』という言葉はご存知かと思います。自分は素晴らしい!と思う気持ちですね。中学生はその反対、つまり自己否定の気持ちが強くなりやすいです。学校で生活をしていれば、自己否定が大きくなるときがあり...

子どもが反抗期で、このような状態になっていませんか?親の言うことを聞かなくなった。まともに返事をしなくなった。すぐ部屋に閉じこもってしまう。うるさい!と言われてしまった。キゲンが悪くて話しかけられない。このような親子関係になってしまうと悲しいですね。腹が立つこともあると思います。そんなときは反抗する子どもはどのような心理なのかを知り、大きな心で子どもの成長を見守る対応が大切です。反抗期の多くは、心...

お子さんが反抗期で悩んでいるなら、「自分がどのように育てられたか」を思い出すことは重要です。自分の父母にどのような教育を受けてきたか、少し思い出してみてください。育てられた親を許す教育の世界でよく言われる事柄に「人は親になったとき、親に育てられたように自分の子どもを育てる」があります。私は長らく、仕事一筋で遊んでくれない父親に不満を持ってきました。遊園地に連れて行ってもらっても、お金を渡されるだけ...

「うちの子、スマホやテレビ、マンガばっかりで家で勉強しない・・」多くのお父さん、お母さんがこのような悩みを持っています。なぜ、お子さんは勉強しないのでしょうか?ここでは、お子さんが勉強しない理由と対処法を紹介します。勉強しない理由1・勉強がわからないからこどもが勉強しない理由はいくつかありますが、その一つは、勉強がわからなくなっているからです。おそらく、お子さんは小学生のときから勉強が不得意だった...

中間テストや期末テストの前なのに、ダラダラ過ごして勉強をスタートしない。「勉強しなさい」と声かけしても、スマホ、ゲームでなかなか始めない。「これ終ったらやる!」「わかってる!」 「うるさい!」「今やろうとしてたのに、やる気なくした!」などと反抗。こんなとき、親はどうすればいいのでしょうか。お子さん自身も「勉強しなきゃ」と頭では理解していますお父さんやお母さんも中高生のときに経験があると思いますが、...

中学生のこどもの勉強を見て「要領わるい」とイライラしてしまう。わが子の成績が思わしくないときほど、「どんな風にやっているだろう?」と気になるのは親として当然です。こどもの勉強している様子をみたとき、こんなことで「要領悪いな」と感じたことはありませんか?テストの前ギリギリになってワークを必死で解いている。日頃からやらないので、テスト前日に一夜漬け。わからない問題で悩んでいて前に進めない。ノートまとめ...

インターネットが爆発的に普及して、パソコンやタブレットが家にあることが普通になりました。家族共有のご家庭が多く、リビングであれば家族の目が届きますが、共働きで親が家にいない時間が長いご家庭もあるでしょう。こども部屋に専用のパソコンがある場合も少なくありません。インターネットはニュースを知ったり、調べ学習ができるとうメリットのほか、中学生が観るべきでないサイトや個人情報が漏れるなどの危険性もあります...

上のグラフは、スマホの使用時間と学力テストの関係です。家庭学習の時間に関係なく、グラフが同じ形になっています。スマホを全くしない子に比べて、1日4時間する子は15点下がっています。これは数学だけの結果なので、5教科だと15点×5=5教科75点下がるということになり、スマホを長く使う子は成績が下がるという客観的データです。せっかく勉強しても、スマホの時間も長いと成績は下がっていく一方なんですね。この...

勉強はしているけど、テストで緊張する練習ではできるのに、本番ではうまくいかない。家ではできていたのに、学校ではミスをするこのような中学生は珍しくありません。家ではリラックスして勉強できているけれど、学校のテストではガチガチになってうまく解けない。練習問題はほとんどできるのに、本番のテストでは緊張して力が発揮できない。こんなときはどうすればよいでしょうか。1、なぜ緊張してしまうのか?「緊張してはいけ...

中学生は友達と遊ぶのが大好きです。私も中学生のころはよく遊びました。友達と遊ぶことで学ぶこともあり、精神的に成長することも多いです。しかし、将来のために勉強もしっかりとやってほしいですね。遊んでばかりでテスト期間も勉強しない!このように悩んでいる保護者の方も多いです。どうすればケジメをつけて勉強するようになるでしょうか?中学生は部活動の「仲間」が多い今の中学生は私たちの時代と少し違いう点があります...

毎日、子どもに怒ってばかりで疲れる怒っている自分に嫌気がさしている怒ることでよけいにストレスがたまるこのように感じているなら、少しだけ落ち着いてみてください。子どもを叱るのは必要なこともありますが、叱ってばかりでは親子関係はよくなりません。子どもは思春期となり、ますます言うことを聞かなくなるでしょう。私の経験をお伝えしますので、よろしければ参考にされてください。私の失敗と反省私は塾の先生なので、生...

お子さんを叱るとき、感情にまかせて怒鳴っていませんか?あるいは、いつも怒ってばかりでストレスになっていませんか?2つに当てはまる方は、子どもを叱るときを決めておくことが大切です。子どもを叱ってばかりで自己嫌悪になっている方へ叱ってばかりでは親子の信頼がなくなり、言うことを聞かなくなってしまいます。どのように子どもを叱ればいいでしょうか?上手な叱り方の3つのコツを紹介します。1度に一つのことだけを叱...

中学校に入ってテストの点数がとても悪くなった。学校の授業にもついていけないみたい。このままだと高校に進学できるのか心配だ。このよ鵜に悩んでいるのでしたら、親が少し手伝ってあげる必要がありますね。でも、いつも横にいて勉強を見る必要はありません。お子さんが中学校の勉強についていけない3つ原因と解決策を紹介します。原因1 学校の授業を聞いていない学校の勉強についていけない原因の一つは、授業を聞いていない...

子どもが宿題をしないとイライラしますね。宿題しなさい!と怒鳴りたくなることもあるでしょう。でも、なかなか親の言うことも聞かなくなる年齢です。反抗的な態度で困っているときも、子どもの立場にたってみることをおススメします。子どもにとっての学校は、大人で言うと仕事です。学校から持ち帰る宿題は、大人の残業といっしょです。宿題をしない理由:めんどうくさいなぜ子どもは宿題をしないのでしょうか?結論から言います...

中学3年生は、志望高校や将来の夢が決まっていると勉強のやる気も出しやすいですよね。基本的な高校の選び方はこちらしかし、なかなか受験校が決められなかったり、将来像が描けない子も多いと思います。受験高校や将来の夢についてアドバイスです。ホームページで調べよう志望校の候補もないときは、候補を選びましょう。お住まいが富山でしたら、パソコンやスマホで「富山県 高校」で検索してください。富山県の高校の一覧が出...

お子さんが将来の仕事や夢について語るのは良いことです。しかし、ユーチューバーになりたいと言い出したらどうでしょうか?子どもの興味を伸ばすのはいいですが、世間体や収入の面など心配になると思います。高校に行かず不登校や引きこもりになったらどうしよう?そんな風に悩む親御さんもいらっしゃるかもしれません。以下、個人的な考えです。参考になりましたら幸いです。1、全否定はしない小中学生のお子さんがユーチューバ...

私の子育てが間違っていた? 子育てに自信がない。 親の言うことを全然聞かない。 会話がなくてさびしい。 親子ケンカばかりしている。 ぜんぜん勉強をしない。 勉強が大嫌いだ。 点数が低くて心配。 褒め方がわからない。 叱り方がわからない。 反抗期で接し方がわからない。     いいえ、あなたの子育ては     決して間違っていません。     しかし、お子さんを変えるのは     とても難しいことで...

小学生、中学生のこどもが不登校や引きこもり、登校拒否になる原因はさまざま。学校、友達、先生、部活動、家庭、父親、母親・・・。もし、あなたがお子さんのことで悩んでいるとしても絶対にあきらめないでください。お子さんも笑顔が戻ってきます。なぜなら・・・伊藤幸弘のDVDを観て、解決策がハッキリわかるから  専門医に相談したり、カウンセリングに通ったりすれば、自分とこどもの素性を  すべてお話しなければなり...

中学生に勉強を教えていると、忘れ物をする子が必ずいます。子どもが忘れ物をしてくると、本人が困るだけでなく、周りの子も迷惑することがあります。よく忘れ物をしてくる子に、どのようにはたらきかければいいでしょうか?忘れ物をされて困った体験定期テスト前は中学校から「テスト範囲表」が出ます。塾は生徒たちに良い成績を修めてほしいので、テスト前のベストな計画を立てる必要があります。そのためには、できるだけ早くテ...

page top