こどもの成績が上がった

こどもを褒めるときに「頑張ったね」「すごいな。」と言います。

 

ここまではよいのですが、実は大事なのはこのあとです。

 

お子さんがテストでいつも50点だったのに80点を取ってきたとしましょう。

 

お子さん 「テスト80点取れた!」

 

お母さん 「本当?すごいね!」

 

「すごいね!」に続けて言いたいことがあるかもしれませんが、我慢してください。

 

  • 「本当?すごいね! 次は90点ね!」×
  •  

  • 「本当?すごいね!え〜?こんなの間違えたの?」×
  •  

  • 「本当?すごいね! できて当たり前よ。」×
  •  

  • 「本当?すごいね! 珍しいこともあるのね。」×

 

お子さんは(せっかく頑張ったのに・・・)と思ってしまうでしょう。

 

勉強が苦手だった子が80点を取れたら飛び上がるくらい嬉しいものです。

 

残りの20点に目をやって、できなかった部分に焦点を当てると喜びが半減します。

 

自己肯定感を得るはずが、「どうせ・・・」といった自己否定が大きくなり、次のテストは見せなくなるでしょう。

 

お子さんの喜びに共感して終わりにしましょう。

作文コンクールで入賞

学校の作文コンクールでお子さんが入賞したとしましょう。

 

何と言ってほめてあげればよいでしょうか。

 

良い例と悪い例、さらに子供の心の内側を見てみましょう。

 

(例) 「文章の天才だ。将来は小説家になれるよ。」

 

子供の心 ( ぼくは天才じゃない。 小説家にもなるつもりもない・・・。)

 

(例) 「銀賞か、すごいな。次は金賞を目指してね!」

 

子供の心 ( せっかく銀賞とったのに。金賞は無理だよ。)

 

自己肯定感を育てるチャンスですが、自己否定を大きくしてしまいます。

 

テストの成績の例も同じですが、次のことや将来のことを考えるのはお子さん自身です。

 

お子さんは自立心もあり、将来のことを自分で決めたいと思っています。

 

 

(良い例) 「気持ちが高ぶる文章だね。幸せな気持ちになったよ。」

 

子供の心 ( 僕は人を幸せな気持ちにできる!)

 

 

次回のこと、将来のことを親が決めないでおきましょう

頑張る子、努力する子になる褒め方

再び作文コンクールを例に、褒め方を見てみましょう。

 

(例) 「へぇ〜、すごいな。いつ書いたの?」

 

子供の心 ( え?知らないの?私のこと見てないんだ。せっかく頑張ったのに・・・・)

 

(良い例)) 「ここまで書くのは大変だっただろうね。頑張ったね。」

 

子供の心 ( うん、とても大変だった。頑張ってよかったな。)

 

こどもはいつも、「ちゃんと私を見ていてほしい」と思っています。

 

友達が家に遊びに来て、お母さんやお父さんが「〇〇ちゃん、お行儀いいわね」などと

 

友達のことをほめると、お子さんは機嫌を損ないますよね。

 

コンクールの結果はもちろん賞賛されるべきですが、それ以上に

 

お子さんは「頑張った」部分を認めてほしいと願っています。

 

褒められれば、頑張ることはいいことなのだと学びます。

 

努力とその過程をほめると頑張る子になります